アライドアーキテクツが描くマーケの未来

SNS、スマホでマーケティングは激変する

――今後の成長戦略はどうするのですか。

企業にとって「顧客をよく知る」ということがマーケティングの重要なテーマになっていくと感じている。これはネット広告も同様だが、全員に同じものを見せるのではなく、顧客を選別し、それぞれの興味関心に沿ったコンテンツを提供するということだ。SNSを活用すれば、こうしたマーケティングが実現できる。

■プロフィール
なかむら・まさひで  1974年生まれ。慶應義塾大学理工学部計測工学科(現物理情報学科)卒業後、1997年住友商事入社。リテール部門にて新規事業会社の設立、運営を担当。2000年ゴルフダイジェスト・オンラインの設立に参画し、eコマース部門を担当する。2005年アライドアーキテクツを設立、代表取締役社長就任。

当社には多くのキャンペーンのデータが蓄積されているが、この点では十分に活用し切れていない。そのため、2月にテキスト解析に強みを持つメタデータ社と提携した。キャンペーンには自由記述のアンケートも多く、膨大なテキストデータがある。これを解析することで、ユーザーが何を求めているのか、何を言おうとしているのかということが把握できる。これまでは、モニプラを使えば多くのユーザーにリーチできる点がメリットだったが、今後はデータ解析で顧客をよく知り、選別された情報や、より効果的なキャンペーンを届けられるようにしていく。こうした点を評価してもらえるようにしたい。

もうひとつは海外展開だろう。長期的に日本の内需が減少していく中、グローバルで成長が期待できるのはアジアだ。現在は台湾とベトナムでフェイスブックのサービスを展開しており、シンガポールでも法人を設立したところ。ベトナムでは現地の実店舗を中心に利用されている。早い段階からサービスを展開することで、どんなキャンペーンが効果的なのか、現地で好まれる表現は何か、といったノウハウを蓄積している。日本企業が進出する際にも、一緒に取り組むことができるだろう。

これは僕の肝いりプロジェクトのひとつ。商社出身だから、日本のよいものを他国の人に伝えたいという気持ちは強い。まだ先行投資の段階で儲かっていないが、今のうちにアジアのユーザーを知ることは、将来のサービスの価値につながるだろう。長期的な視点でみれば、海外展開は面白くなってくるはずだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。