「バイデン相場」は「成田離婚型」を避けられるか

これから市場とは100日の「ハネムーン期間」

バイデン大統領の就任式で国歌独唱するレディー・ガガ。「100日後の株価」はどうなっているだろうか(写真:AP/アフロ)

厳戒態勢で迎えたアメリカのジョー・バイデン大統領の就任式が無事終わり、市場は若干気の抜けた展開になっている。

新大統領と市場はこれから100日間、フレンドリーな関係を表す「ハネムーン期間」に入る。そこで近年のNYダウを例にとって、この期間の市場の推移をみて見よう。

過去の大統領の「ハネムーン期間」はどうだった?

1993年のビル・クリントン大統領の時は、1週間後の株価は約50ドル高、1カ月後は80ドル高、3カ月後は200ドル高となって、まずまずのハネムーン相場だった。

また、2001年のジョージ・W・ブッシュ大統領の時はそれぞれ123ドル高、51ドル安、2ドル高と若干微妙。さらに2009年のバラク・オバマ大統領の時は1週間後228ドル高となったが、1カ月後583ドル安、3カ月後107ドル安と、ハネムーンどころかすぐに離反する「成田離婚」状態だった。

一方、2017年のドナルド・トランプ大統領の時は記憶に新しいが、それぞれ266ドル高、796ドル高、751ドル高と暴騰で「熱烈ハネムーン」だった。バイデン大統領と市場との関係はどうなるか。トランプ型か、オバマ型か、それとも穏健にクリントン型かブッシュ型か、興味津々のところである。

そのカギを握る材料の第1弾として注目されていた、米欧の1月のPMI速報値の結果を発表時間順に見ると、まずフランスの製造業PMIは51.5と、予想50.5、12月の51.1を上回った。だが、サービス部門PMIは46.5と、予想48.5、12月の49.1を下回った。

また、ドイツのサービス部門は46.8と、予想45.3は上ったが、12月の47.0からは低下した。製造業も57.0と、予想57.5、12月の58.3から低下し4カ月ぶりの低水準。総合PMIも50.8と、12月の52.0から低下し7カ月ぶりの低水準だった。ドイツ政府が今週発表する年次経済報告では、今年のGDP予測を3%増と、従来の4.4%増から下方修正すると報じられている。

次ページ結局、市場の反応は限定的だった
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT