三菱自"復活"の象徴、岡崎工場で新たな挑戦

閉鎖の危機を乗り越え、今やフル生産に

こうした中で、三菱自動車は岡崎工場の車体組み立てラインの刷新に着手した。その狙いの一つは、アウトランダーPHEVの組み立てを岡崎工場のメインのラインですべて行えるようにすることだ。これまで電池パックなどの電動部品の組み付けは、別に設けられた専用のラインで行われており、効率が悪かった。

画像を拡大
組み立てラインを車が横向きに流れていく

もちろん、それだけではない。生産量の増減にも柔軟に対応できるようにした。その核となるのが「畳コンベア」と呼ばれる台車だ。

従来の車を天井からつり下げる方式から、台車に乗せて移動させる方式に変更。また、車体を縦ではなく横に並べて流すことで組み立てラインが短くなり、作業員が効率よく動けるようになった。畳コンベアは床置きなので配置変更が容易になり、増産や減産を従来より迅速にできるという。

総投資額は45億円

組み立て作業者の負荷低減やミス防止のための仕組みも取り入れられている。これまではラインのすぐそばにある棚から1台1台に割り振られた指示書をもとに、部品を選んで組み付けていた。この状態では部品を取りに行って探す手間がかかるうえ、誤品や欠品などのミスにつながりやすい。

画像を拡大
岡崎工場のある名古屋製作所

そこで、別の場所で1台1台に必要な部品を1つの台車にとりまとめ、無人搬送車がラインのそばまで運ぶ形を採用。これは、多品種少量で部品が多岐にわたるトラック生産などでも用いられる方式で、「キット化」などと呼ばれる。

すべてのラインの刷新工事は来年の5月で完了する予定だ。総投資額は45億円で、工場全体で3割のコスト削減を目指す。生産能力は1割増の23万台となる。一連の取り組みは海外工場へも展開させる方針。「国内でモノづくりの競争力を鍛え、今後台数が増えていく海外にも技術やノウハウを移していく」(安藤氏)。

もう一つの主力工場である水島製作所が、日産自動車と共同企画する軽自動車の生産に主軸を移す中、グローバルの視点でマザー機能を持つのはこの岡崎工場だ。閉鎖寸前からアウトランダーの成長とともに復活の道のりを歩んできた工場が、三菱自動車の屋台骨を支えている。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT