EXILE HIROが有料生配信ライブに見出した活路

プロダンス、世界への挑戦、仲間、そして未来

EXILE HIROが語るこれからのエンタメとは? (撮影:今井 康一)
コロナで大打撃を受けたエンタメ業界。いまだ感染症収束のメドが立たない中「ピンチをチャンス」と捉え、新たなエンタメを打ち出したのはLDHのチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めるEXILE HIRO氏(51)。
『週刊東洋経済』1月25日(月)発売号は「1億人の職業地図」を特集。アーティストを含め、コロナ禍で奮闘する仕事、デジタル化で飛躍する仕事など、2030年に向けてさまざまな職業の現在・未来を取り上げた。今号にも登場したHIRO氏。プロダンスリーグ、これからの新しいエンタメ、世界への挑戦、仲間、そして未来について心中を語ったロングインタビューをお届けする。

ブレイクダンスが五輪新種目へ

――2024年のパリ五輪でブレイクダンスが新種目に採用されました。

すごい時代になったものだと感慨深いです。ストリートで生まれたブレイクダンスが、世界的なスポーツの祭典に選ばれたのですから。ブレイクダンスはほかのダンス以上に身体能力が必要不可欠で、ダンスでありながら「スポーツ」的な要素がとても強く、いつか五輪競技に選ばれるのでは、と希望的観測をしていましたが、それが現実になり、時代は変わったのだなと驚かされます。

『週刊東洋経済』1月25日(月)発売号の特集は「1億人の職業地図」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

――今や文部科学省が小・中学生でダンスを必修科目にしているくらいダンスは身近になっています。

2003年からダンススクール「EXPG STUDIO」を運営してきて感じるのは、一般の大人からキッズまで、ダンスカルチャーが幅広い世代に浸透してきたということ。

今後、上海にもEXPGを作る計画がありますが、背景にあるのは中国のダンスブームです。日本ももちろんですが、子どものストリートダンスが中国でも大人気で盛り上がっているんですよ。世界中の国でダンスがブームで終わるのではなく、ブームが定着していくというか、そうした世の中の流れをくめば、ブレイクダンスが五輪競技に選ばれたのは、必然だったのかもしれません。

――学校でいちばん運動神経のいい子が、野球やサッカーではなく、ダンスを選ぶ時代がくるのかもしれません。

ダンスは、体ひとつで始められますし、創造性、芸術性も磨くことができます。

加えて、日本のキッズダンスは世界でもレベルが高く、もともと地元のダンス大会で賞を総取りしていたような子が、世界に出て行って大会で優勝したり、金メダル候補もいますよね。“サッカーでいうブラジル”のような、層の厚さが日本の強みだと思います。

次ページプロダンスリーグ「Dリーグ」への期待
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT