今の株式市場は「少しカオしてる」かもしれない

「天井形成時の乱高下」を表す言葉を作ってみた

結局アメリカ市場の前週末には、前述のような株安とともに長期金利の低下が生じた。その要因としては、当日発表された12月の小売売上高が挙げられる。前月比で0.7%減少し、クリスマス商戦の不振が市場を動かしたとされており、それはうなずける。

しかしパウエル議長の講演内容について、今度は「低金利が長期化するとの見方から長期金利が低下した」ともされており、議長講演はいったい債券の買い材料なのか売り材料なのか、わからない。

さらに、バイデン次期大統領の経済政策は、株式市場では景気押し上げ効果が期待されるとして株高の材料とされ、一方で述べたように債券市場では「悪い金利上昇」の要因とされていた。

ところが14日の夕にバイデン氏が1.9兆ドル規模の対策を実際に発表すると、株価と金利が反落した。それは2兆ドル程度の政策は既に織り込んでいたから、と手のひらを返して説明されている。何が株式や債券の市況を動かしているのか、理解に苦しむところだ。

ミニカオスは何を示唆しているのか

以上、細かい点までつらつらと述べてきたが、結局、先週の市場動向を幅広く振り返ると、投資家が強気と弱気の狭間で方向感を失いつつあるようだ。「今度はこの材料」「次は別の材料」と目が移っており、本来、それぞれの材料が市況にとってどういう意味を持つかということより、わけもわからず材料を通過するたびに売ったり買ったりしているだけのように見える。

あるいは、大多数の投資家が様子見で売買が薄くなったところへ、TSMCの決算に絡んだ投機売りのような商いが持ち込まれると、それだけで市況が振れてしまうような状態なのだろう。

「天底荒れる」と書いたが、典型的な株価天井形成時と同様に、昨年11月以降生じた株価の上昇が、短期的な転機を迎えているのではないだろうか。

とは言っても、今後一直線に株価下落が進むというより、「荒れる」という言葉にふさわしいような、日々上下動を繰り返しながら落ちていく市況なのだろう。

この局面で「欲張って短期変動で儲けよう」というのは実に危険だと懸念する。ただし、たびたび当コラムで書いているように、投資は自己責任を取る限り、何をするのも自由だ。ミニカオス相場で大いに自分の利益を醸そう、というのも自由である。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT