コロナ禍に新たな脅威「新型インフル」に要警戒 起源となる鳥インフル拡散、殺処分が過去最多

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 最新
印刷
A
A

そこで怖いのが、千葉県で鳥インフルエンザが確認されたことだ。千葉県というのは、全国でも豚肉生産が盛んな場所で、生産量は毎年、全国3位から5位の間で推移している。それだけ飼育頭数も多い。加えて、千葉県の採卵鶏の飼養羽数は全国2位(2019年2月1日時点)を占める。

それにもまして採卵鶏の数が全国で最も多く、鶏卵の生産数も全国トップなのが、隣の茨城県だ。首都圏の食卓を支えているばかりでなく、国内で鳥インフルエンザが確認されると、感染症の専門家の視線は茨城県に向く。ここで鳥インフルエンザが発生すると、人口の多い首都圏にも近く、新型感染症の感染爆発の可能性が一気に高まるからだ。

その感染拡大の規模は、新型コロナウイルスで実証されている。それだけ、もう1つの脅威が、ひたひたと近づいてきていることを意味している。

ヒトへの感染リスクは低いとされているが…

いま日本に蔓延している鳥インフルエンザは「H5N8亜型」で、欧州でも広まっているものがシベリアから持ち込まれたとされる。ヒトへの感染は報告されておらず、WHOも感染リスクは低いとしている。

いまのところ、国内の鳥インフルエンザは適切に処置されている。だからといって、甘く見ることはできない。それは現在の世界と日本を見ればわかる。こんな新型コロナウイルスの発生と蔓延を誰が予測できただろうか。鳥インフルエンザは1〜2月が本格シーズンだ。

もはや、なにが起きてもおかしくはない。そこに新型コロナウイルスに新型インフルエンザが重なるようなことになれば、それは医療崩壊どころか、大混乱に陥ることは必至だ。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT