北海道のTVマンが記した「デス・ゾーン」の真意

開高健ノンフィクション賞・河野啓氏に聞く

開高健ノンフィクション賞を受賞した『デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場』。「七大陸最高峰、単独無酸素登頂」に挑戦した登山家・栗城史多の実像に迫ったノンフィクション作品だ (編集部撮影)
凍傷で右の親指以外の指を失ったにもかかわらず、エベレストの頂を目指しつづけた登山家がいた。栗城史多(くりきのぶかず)――。「七大陸最高峰、単独無酸素登頂」に挑戦し、挑戦中はエンターテインメント性にこだわり、従来の「登山家」のイメージを覆した。「夢の共有」を熱く語る一方で、カメラがなければ山には登らないと明言していた。
4度目のエベレスト挑戦で、重度の凍傷により指9本を切断したにもかかわらず、その後もエベレスト挑戦を続けた。しかし、2018年、8度目の登頂を断念した下山中に滑落死してしまう。
2020年に開高健ノンフィクション賞を受賞した『デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場』は、そんな男の実像に迫った追跡ノンフィクション作品だ。筆者の河野啓氏は、北海道放送のディレクターで、かつて栗城さんに取材した経験もある。そんな河野さんにこの本を書いた経緯や思いを聞いた。

登山家が「マグロになりたい」

――聞き手のわたしは登山経験も皆無、山への興味も乏しかったので、栗城さんの名前もこの本で初めて知りました。開高健ノンフィクション賞作品とオビの文章にひかれて手にとったところ、予想外にひきこまれてしまいました。

河野さんは北海道放送のディレクターとして、栗城さんがまだ広く認知されていなかった2008年に出会い、2年ちかく、取材者と被写体の関係を保たれた。出会われたきっかけからお聞きしていいですか。

私も山は素人で、会社の先輩に誘われて日高山脈の2000メートル級の山に1回登ったきり。だから当初、彼が自分のキャッチコピーにしていた「七大陸最高峰、単独無酸素登頂」(無酸素は、酸素ボンベを使わないことを指す)の意味もよく理解していなかった。ただ、言葉の響きがすごそうだなと。

会うきっかけは、出張帰りの列車で手にしたカタログ誌に彼のインタビュー記事が載っていたことから。登山家なのに「マグロになりたい」と語る言葉の面白さ。南極大陸の最高峰を制し、残るはエベレストだけという記事にそそられ、数日後には連絡をとっていました。

次ページ登山家とは違うイメージ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT