聖書の読み方 大貫隆著

聖書の読み方 大貫隆著

聖書を読破した人は、はたしてどれだけいるだろうか。宗教書としての先入観は当然としても、辞書並みの厚さにひるむし、構成・内容とも難解なのは否めない。

本書は聖書学者の著者が、読みづらい聖書をどう解きほぐすかを模索した入門書。

聖書の記述は近代科学と矛盾しないという権威主義的な考え方は脇に置き、想像力と感受性を頼りに「自主独立」で挑んでみる。そして、聖書が神でなく人間によって書かれたものであることを前提に、それぞれの書き手たちが考える神や人間、世界、歴史などを理解することが大切だと言う。

そのことを理解できれば、非科学的な記述も語り手の生活の中に置き直せ、解釈可能だと説く。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT