聖書の読み方 大貫隆著

聖書の読み方 大貫隆著

聖書を読破した人は、はたしてどれだけいるだろうか。宗教書としての先入観は当然としても、辞書並みの厚さにひるむし、構成・内容とも難解なのは否めない。

本書は聖書学者の著者が、読みづらい聖書をどう解きほぐすかを模索した入門書。

聖書の記述は近代科学と矛盾しないという権威主義的な考え方は脇に置き、想像力と感受性を頼りに「自主独立」で挑んでみる。そして、聖書が神でなく人間によって書かれたものであることを前提に、それぞれの書き手たちが考える神や人間、世界、歴史などを理解することが大切だと言う。

そのことを理解できれば、非科学的な記述も語り手の生活の中に置き直せ、解釈可能だと説く。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。