聖書の読み方 大貫隆著

聖書の読み方 大貫隆著

聖書を読破した人は、はたしてどれだけいるだろうか。宗教書としての先入観は当然としても、辞書並みの厚さにひるむし、構成・内容とも難解なのは否めない。

本書は聖書学者の著者が、読みづらい聖書をどう解きほぐすかを模索した入門書。

聖書の記述は近代科学と矛盾しないという権威主義的な考え方は脇に置き、想像力と感受性を頼りに「自主独立」で挑んでみる。そして、聖書が神でなく人間によって書かれたものであることを前提に、それぞれの書き手たちが考える神や人間、世界、歴史などを理解することが大切だと言う。

そのことを理解できれば、非科学的な記述も語り手の生活の中に置き直せ、解釈可能だと説く。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT