サッカーW杯、最多ツイートは"あの瞬間"

コートジボワール戦はどのくらいつぶやかれたのか

前半16分、本田選手が前回の南アフリカ大会に続いて、日本代表の初得点を挙げた(AP/アフロ)

本田圭佑選手の劇的なゴールで先制点を奪いながら、悪夢のような連続失点により、コートジボワールに1‐2で逆転負けを喫してしまったサッカー日本代表。ワールドカップ(W杯)ブラジル大会は、手痛い黒星スタートとなった。

6月15日の朝10時。キックオフとともに日本中がテレビにかじりついた。自宅やスポーツバーでの観戦だけでなく、全国の主要なサッカースタジアムには多数のファンが押し寄せ、大型モニターに映し出される試合の模様を食い入るように見つめていた。地球の裏側で戦う日本代表に、文字どおり日本中から熱いエールが送られた。

この試合が行われている間、観戦のかたわらで、スマートフォンやパソコンなどで盛り上がっていたのがTwitter(ツイッター)だ。最大140文字の短い投稿(ツイート=つぶやき)を全世界に投稿するこのサービスは、どのぐらい利用されていたのだろうか。

全世界で396万ツイート

Twitter Japanによると、日本対コートジボワール戦に関するツイートは、試合開始1時間前から試合終了30分後までの間に、全世界で396万ツイートに及んだ。

画像を拡大
最もツイートされたのは、ジェルビーニョ選手のヘディングで逆転された瞬間(画像提供:Twitter Japan)

最も盛り上がりを見せたのは後半21分。オーリエ選手の右サイドからのクロスに反応したジェルビーニョ選手のヘディングシュートで、コートジボワールが逆転したときだ。このとき、1分間で11万9726のツイートがあった。

本田選手が先制ゴールを決めた前半16分は、1分間に11万7900ツイート。2000ツイートほどの差かもしれないが、日本の先制ゴールよりもコートジボワールの逆転のほうが驚きが大きかったということかもしれない。 ちなみに、後半49分、日本がコートジボワールに敗れた瞬間のつぶやきは、1分間に5万5462ツイートだった。

この日本対コートジボワール戦、Twitter上で話題になった日本代表選手は1位が本田選手、2位が岡崎慎司選手、3位が長友佑都選手の順。コートジボワール代表で最も話題になったのは、絶対的エースのドロクバ選手だった。

Twitter Japanは、日本対コートジボワール戦に関するツイートが全世界でどのようにツイートされたかを世界地図上でアニメーションとして示すビジュアライゼーションも公開した。 同社は、このW杯期間中、Twitter上の盛り上がりやさまざまなデータを公開していくとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT