がっつり系"黒船"バーガー、捲土重来の勝算

「カールス・ジュニア」が18年ぶりに日本再上陸

とはいえ、日本でカールス・ジュニアが根付くかというとそう簡単でもなさそうだ。その理由の1つが、ボリュームを差別化材料としているところだ。

外食産業の調査を行っているエヌピーディー・ジャパンによると、ハンバーガー店を利用する15~29歳の男性が店舗選択をする際に「ボリュームがあること」を理由にする割合は、2011年の10.5%から2013年には7.0%まで減少している。一方、「料理の量がちょうどよい」と回答する割合は、7.0%から10.1%に上昇した。

つまり、日本の若い男性がハンバーガー店を利用する際、「ボリューム」を重視する傾向が弱まっているということだ。顧客ターゲットを若い男性と位置づけるカールス・ジュニアがボリュームをウリとしていくのは、現在の若い消費者のニーズと合致しているとは必ずしもいえないだろう。

もう1つのハードル

画像を拡大
看板商品の「オリジナルシックバーガー」

さらに、健康志向の高まりも無視できない傾向だ。エヌピーディー・ジャパンの調査によれば、外食時に「つねに健康を意識している」「時々意識している」と回答した人の割合は2012年が62.5%、2013年は63.5%になったという(全世代が対象)。

実際、健康を意識した商品・マーケティング戦略を実践に移す外食企業も目立ってきた。

モスフードサービスが展開する「モスバーガー」では、4月から、これまで主流だった9時や10時という開店時間を7時に切り替え、朝食営業を強化した(SC内など一部店舗は除く)。早起きの顧客ニーズを狙うと同時に、商品面ではサケの具材をはさんだライスバーガーを投入するなど、シニア層や健康意識の高い消費者の取り込みを狙う。

ロイヤルホールディングスが運営する「ロイヤルホスト」も、4月からサラダを中心に添えたランチメニューの本格投入に踏み切った。モスバーガーと同様、健康を意識するシニア層や女性客を狙った商品で、順調なスタートを切ったという。

20年ぶりに日本に再上陸を果たすカールス・ジュニア。1号店がオープンすれば話題性もあり好調な出足となるかもしれない。ただ、健康志向が高まっている日本で、同社が掲げる1000店の展開というハードルを超えるのは容易ではない。単なる差別化ではなく、日本市場に適応した差別化商品を提供できるかが事業拡大のポイントになりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT