日立、"名より実を取る"鉄道車両の成長戦略

新幹線の「顔」争奪戦では川崎重工が先行

ベトナム・ホーチミン市では、都市鉄道プロジェクトを受託した。17編成、車両数51両は決して大きい数ではないが、信号・通信、電力供給、5年間にわたる保守など、まさにパッケージでのビジネスを獲得している。

韓国・大邱では、2008年から進めてきた都市鉄道プロジェクトが大詰めを迎えている。モノレール車両84両の納入が完了し、現在は営業運転に向けた試運転中だ。こちらも車両だけでなく、分岐器や信号設備も契約範囲に含まれる。

このほかにも、昨年インドやブラジルに拠点を設けており、世界で戦う体制作りが進んでいる。何より、鉄道事業のトップにドーマー氏という外国人を据え、本部を日本から英国へ移したことがその証左だろう。

国内は技術開発のハブに

では、国内事業の先行きはどうなのか。在来線では不採算路線の廃止が始まり、車両製造数は頭打ちの状態が続く。このような市場環境を背景に、これまでは少しずつでも売り上げを伸ばしてきたものの、2013年度の1093億円をピークに2015年度には840億円へと減少する計画だ。

ただ、悲観論は禁物だ。「国内は技術開発のハブとなる」とドーマーCEOは言う。国内事業が業績面で大きく貢献できなくなっても、世界に貢献できる技術を生み出すことは可能だ。

画像を拡大
鉄道ファンの間で根強い人気を誇る500系

古くなった車両は必ず置き換えられる。新幹線の過去の歴史を見ると、10~20年のサイクルで新型車両が登場している。

既存の路線だけでなく、現在建設中の北陸新幹線・金沢―福井間、北海道新幹線・新函館北斗―札幌間、長崎新幹線・武雄温泉―長崎間が開業するころには、より高性能の新型新幹線が導入されるはずだ。そして、その開発ノウハウは、確実に海外展開に活用される。

願わくば、そのときには日立には新幹線のシンボルである先頭形状のデザインを担当してもらいたい。何しろ、日立はファンの間で絶大な人気を誇る500系新幹線の原型モデルを生んだメーカーなのだから。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。