沖縄米軍部品落下3年、誤解される当事者の願い

普天間基地反対の主張は一度もしていない

事故当時、娘は3歳だった。講演会や政府要請に行くとき、いつも「行かないで」と泣いた。今は6歳になり、泣くどころか、「お母さん、頑張ってね」と送り出してくれる。娘の成長を頼もしく思う半面、苦しさもある。

「大人の3年と子どもの3年は重みが違う。一番手をかけてあげたい時期に寂しい思いをさせてしまった」。その大切な3年間を費やして、子どもたちが安心して学び、遊べる環境をつくろうと、活動を続けてきた。

しかし「壁」は想像以上に厚く、「きつい」「孤独」と思ったことも、一度や二度ではない。それでも「ここで諦めたら何も変わらない」と行動を続ける。今月8日は沖縄防衛局と外務省沖縄事務所、14日には宜野湾市長に陳情書を手渡した。

訴えているのは「子どもの命の問題」

「チーム緑ヶ丘1207」が3年間ずっと訴え続けているのは、「保育園上空の飛行禁止」だ。基地反対や基地撤去といった主張は、一度もしていない。与那城さんが言う。

「沖縄の子どもたちの空の安心安全を一緒に考えて」と訴える与那城千恵美さん(筆者撮影)

「基地に反対なら反対でいい、賛成なら賛成でいい。私たちが訴えているのは、基地問題ではなくて、子どもの命の問題です。普天間飛行場の閉鎖、撤去を待っている時間はない。

今のままでは、いつかまた事故が起こると思う。全国どこに住んでいても、自分の子どもの上を米軍機が飛ぶのは嫌じゃないですか? 沖縄の子どもたちの空の安心安全について、一緒に考えてください」

落下物事故があった3年前、緑ヶ丘保育園の園児が保育士に尋ねたという。「なんでお空から落ちてくるの?」。こんな疑問など思いもつかない環境をつくるため、お母さんたちは行動を続ける。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT