ネズミの笑い声は「高音すぎて」人に聞こえない

ネズミだって「嫉妬心」を感じる生き物だ

人には聞こえないけれど、ネズミも声を出して笑います(写真:Adrian Coleman/iStock)
ネズミが笑うのをご存じですか? ネズミだって、仲間のためなら、自分の大好物を我慢することもあるのです。
人間関係、いじめ・ストレス、恋愛など、あなたの悩みや心配を解決するヒントは、ネズミが教えてくれるかもしれません。新刊『ネズミのおしえ ネズミを学ぶと人間がわかる!』より、一部を抜粋しお届けします。

ネズミも笑い声をあげている

犬を飼っている人は、散歩中に犬が振り返り、まるで人間のように満足そうに微笑むのを見たことがあるだろう。

飼い主と十分信頼関係を結んだ犬は、飼い主と見つめあうとオキシトシンと呼ばれる幸せホルモンが分泌されることがわかっている。これは犬の祖先であるオオカミには見られない現象だ。優しく微笑み返してあげよう。

一方、馬が、歯茎を剥(む)き出して笑う写真を見たことがある人はいるだろうか。あれは笑っているのではなく、フレーメン反応と呼ばれる生理現象で、馬をはじめとして、猫やゾウやコウモリなどの哺乳類の鼻先に、特定のにおいがするものを突き付けると唇を剥き出すのだ。

野生では異性の尿に含まれるフェロモンを感知したときによく見られるが、人が飼育している状態では、たばこの煙や揮発油の臭いに対してその反応を見せることが多い。

これは、フェロモンを感じるヤコブソン器官(哺乳類は唇の奥のほうにある)を空気に触れさせることによって、より多くの臭い物質を感知しようとしていると考えられている。

残念ながら……というべきか、われわれ人間のヤコブソン器官は胎児期に退化しているため、われわれは鼻先に臭いものを突き付けられても唇をまくらないし、異性の尿にも興奮しない(もちろん例外はあるだろう)。

ちなみにネコ科の動物を狂わせるマタタビも、猫の性フェロモンに似た物質が含まれているので、ヤコブソン器官を通して猫を狂わせるのだ。

次ページ笑っているとは断定できないけれど…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT