ヤバすぎる爆笑ドッキリ今は放送できない6選

所ジョージの愛車がキューブ状に!?

BPO設立以前は、本当に何でもアリだったという「ドッキリ番組」。今では絶対に放送できないドッキリ番組のヤバすぎる仕掛けを振り返ってみる(写真提供:週刊女性PRIME)

「『ドッキリGP』や『モニタリング』のようなドッキリ専門の番組だけでなく、『水曜日のダウンタウン』のワンコーナーにもなったり。今、ドッキリはテレビ制作サイドの定番になっていますね」

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

そう話すのは、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さん。

「各局は消費行動が活発な若い層にテレビを見てもらうための番組作りを掲げています。なぜなら彼らをキャッチしないと、番組のスポンサーがお金を出してくれないからです」(木村さん、以下同)

ドッキリはその層を取り込むのにうってつけのコンテンツだという。

「ユーチューブの人気動画には昔、テレビがやっていたドッキリ企画をまねして作ったようなものが多い。万国共通でシンプルに笑えるものって、ドッキリ企画がいちばん手軽なんですよ」

「今ならパワハラ、セクハラでアウト」

テレビや映画に詳しい昭和生まれのライター・成田全さんも、

「仕掛けられている人だけが知らない。制作サイドと視聴者が共犯関係にあるドッキリって、理屈なしで面白い」

視聴者の厳しい声とコンプライアンスが重視される今は、ドッキリ番組が作りにくい環境になっているが、

「BPO(放送倫理・番組向上機構)設立以前は、本当に何でもアリだった」(前出・木村さん)

そこで、今では絶対に放送できないドッキリ番組のヤバすぎる仕掛けを振り返ってみよう。

コンプライアンス上、今では絶対に放送できないのが1990年代に人気を博した『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』のワンコーナー“人間性クイズ”。

「ポール牧さんやチャンバラトリオの結城哲也さんらベテラン芸人が仕掛け人で、出川哲朗さんや上島竜兵さんら後輩芸人にSMプレーなどを強要するというもので。今ならパワハラ、セクハラでアウトです」(前出・成田さん)

次ページドッキリのために“特注車”を用意する徹底ぶり
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT