吉田羊「脇役でも視聴者の心を打つ」彼女の真髄

「黒歴史」「熱愛報道」にも負けない女優の存在感

なぜ演じるのは脇役ばかりなのに吉田羊さんは心に残るのか(写真:Pasya/アフロ)

「凛とした」という言葉は女優を表現するうえでよく使われるが、いつも疑問に思っている。日本で人気が出る女優は、どちらかというと頼りなさげで、ゆるっとふわっと柔らかい印象だ。ちっとも凛としていない。アイドル顔や童顔がウケる、幼さと若さ礼賛の国だから、意味も拡大解釈ってことかな。「ひきしまって威厳がある」という本来の意味での「凛とした女優」は案外少ない。

が、彼女を画面で観たときに、「きりっ」と音がした。まるで漫画の一コマのように擬音が聞こえた。本当に“凛とした”数少ない女優・吉田羊である。

年齢非公表という、潔いんだか悪いんだかよくわからない設定も含めて、存在感は抜群だ。吉田羊ファンをヒツジストと呼ぶらしい。私は歴が浅いのでまだ名乗れないものの、原稿では敬意をこめて「羊姐さん」と書くことにしよう。

「歴代ワースト1の朝ドラ」で唯一高評価

うっかり胸を射抜かれたのはNHK朝ドラ「純と愛」(2012年)だ。とにもかくにも低評価の朝ドラで、歴代ワースト1と呼び声も高い。

確かに騒々しい作品ではあったけれど、羊姐さんの凛とした佇まいだけは忘れられない。ヒロイン(夏菜)のホテル勤務時代の上司・桐野富士子役だった。教育係として厳格な指導を行うものの、意地悪ではない。やかましいドタバタ劇の中で、羊姐さんだけは静音設計。

フキダシと擬音と降下線が満載のギャグ漫画の中で、羊姐さんが出てくるシーンだけはしっとりした劇画調の成人漫画に。しかも勤務先のホテルの社長(舘ひろし)の元恋人という設定。日陰の女の恨み節ではなく、強い意志をもって思いを断ち切り、あえて独身生活を貫くという大人の女を演じたのだ。

全体の評価はふるわなかったが、羊姐さんに思いを寄せる人は多数いた。主演のスピンオフも作られた。

ここから羊姐さんの快進撃が始まるのだが、うっかり駄作に出ちゃった黒歴史にも触れておこう。誰も覚えていないと思うが、「町医者ジャンボ!!」(2013年・日テレ系)というドラマがあった。荒くれ医者が零細医院を持ち前の破天荒で立て直す、みたいな話だったが、主役が驚愕の棒読み(EXILEの中の人)。

次ページ羊姐さんの「黒歴史」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT