元野球選手「ウーバー配達員」経て見つけた天職

後輩のために現役引退後の道しるべを作る

入団と同時に背番号1を与えられた友永翔太。プロ生活は5年間だった(写真:TBSテレビ)
華やかなプロ野球の世界。活躍した選手には名誉と莫大な報酬がもたらされる一方で、競争に敗れ、表舞台から去りゆく選手がいる。そんな「戦力外通告」を受けた選手をドキュメンタリーで描いてきたのが、TBSテレビの『プロ野球戦力外通告』だ。
12月29日(火)夜11時10分からの放送回で通算17回目を迎えるこのシリーズ。プロ野球選手の姿は特別ではなく、誰の身にも起こりうる『究極のリアル』でもある。放送を控え、過去の番組に関わるサイドストーリーを取材班が5回にわたってリポートする。
第2回は友永翔太(ともなが・しょうた)。2014年のドラフトで中日ドラゴンズに入団したが結果を出せず、2019年オフに戦力外通告。その後、驚きの転身を図った。
第1回:格闘家、起業…野球「元ドラフト1位」の波乱人生

「プロ野球選手・友永」から解放されなかった

「番組に出演した反響はすごく大きかったです。まったく野球に興味のない人からも、『テレビ見ましたよ』って言われたり、『自分も頑張ろうと思いました』って言われたりしました」

昨年末に放送された『プロ野球戦力外通告』に出演した友永翔太は笑顔で振り返った。東海大相模高校から国際武道大学、社会人の日本通運を経て、中日ドラゴンズからドラフト3位指名を受けたのが2014年ドラフトのことだった。

友永の能力を高く評価していたのが当時、中日GMを務めていた落合博満であり、入団と同時にあの福留孝介も背負っていた背番号「1」を与えられる期待の新星だった。

「『重荷』という言い方はしたくはないんですけど、背番号の件も含めて、いろいろなプレッシャーがあったのは事実でした。どこにいても、どんなときでも常に気を張っている。『プロ野球選手・友永』というものから解放される瞬間はありませんでした」

ルーキーイヤーとなった2015年は開幕一軍こそ逃したものの、4月には一軍に昇格。7月5日の対読売ジャイアンツ戦では、あの菅野智之からプロ初ヒット、初盗塁を記録する上々の活躍を見せた。

しかし、その後はなかなか結果が出なかった。「今年こそ」と奮闘を続けるものの、時間だけがいたずらに過ぎていく。気がつけば背番号は「62」になっていた。そして、2019年オフ、友永は「その宣告」を受けた。

次ページそろそろかな?という思いはあった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT