小池栄子が「40歳にして人気女優になれた」理由

2022年の大河では「北条政子」役に大抜擢

著書では、2007年当時、キャリア転換を考えていたことを告白しています。自分が一番やりたいこととして舞台をやっていこうと選択したと。そして、その宣言どおり、ケラリーノ・サンドロヴィッチさんや本谷有希子さんといった劇作家の舞台に出演。

ケラリーノさんと組んだ『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇』は映画にもなり、こういった演劇活動が彼女のキャリアを高め、新たな仕事につながっていきました。

三谷幸喜さんの舞台『子供の事情』に出た後には、映画『記憶にございません!』にも参加し、首相の秘書官をコミカルに好演。三谷さんに絶賛され、2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)ではみごと、主人公の姉・北条政子役にキャスティングされました。

役者としての才、起業家としての資質

また、見落としがちなポイントですが、小池さんの成功の要因には、いわゆる愛人役、男性と不倫するような役をほとんど演じてこなかったこともあるのではないかと思います。

グラビア出身で水着の印象も強くセクシャルな魅力のある小池さんに、そういった役のオファーが来なかったとは思えないのですが、著書でも「女を武器にするのは嫌だ」と明言している彼女だからこそ、そういった役を意識的に避けてきたのではないかと推察します。『接吻』『美食探偵 明智五郎』のように犯罪者の役を演じることはあっても、他の女性を不幸に陥れる役は演じない。その結果、ステレオタイプなイメージがつかず、同性からの好感度も高くなったのではないでしょうか。

結局のところ、小池さんの強さはその抜群のバランス感覚にあるようです。それは天性のものでもあるでしょうし、祖父の代から事業をやっていたという家庭環境から来ているのかもしれません。そして、20代のうちに芸能界の育ての親の手を離れ、大手芸能事務所のような営業力を持たない個人事務所でキャリアを築いてきたという経験も大きいでしょう。

役者としての才能とセルフプロデュース力を兼ね備えた彼女は、起業家の資質も持ち、アラフォー女性の成功例としても輝いています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT