英国「7つの階級」調査が教える政治のあり方

新しい不平等の台頭に政治はどう対応するか

イギリスBBCが実施したイギリスで過去最大規模となった階級調査。この調査に基づき旧来型の政治は終わったとする著者らの提言をお届けします(写真:Moussa81/iStock)
イギリスBBCが実施し、イギリスで過去最大規模となった階級調査がある。16万人が参加したこの調査をもとにBBCが公開したウェブ上の「階級算出装置」には、700万人がアクセスしたという。
その話題の調査結果が、『7つの階級:英国階級調査報告』というタイトルの書籍として翻訳出版されている。この調査に基づいて旧来型の政治は終わったとする著者らの提言を、本書から抜粋・編集してお届けする。

「階級」は歴史を形作ってきた

1980年代、90年代には、多くの学者や政治家がその著書の中で、「階級の死」と「個性化」にもとづいたポストモダンの社会秩序の到来を宣言した。しかし、本書ではそうした善意の見解に異議を唱えてきた。

『7つの階級:英国階級調査報告』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

本書は、階級構造の中央部にいる多数の人々と並んで、頂上の富裕なエリートと底辺のプレカリアートとの間の本質的な格差に注目することによって、21世紀の階級の重要性を認識する方法として、より想像力に富んだ扉を開いてきた。

階級をどう考えるかは政治の問題に帰結する。それは今も昔も同じだ。階級は単なる抽象的な社会学的分類ではない。階級が重要であるとすれば、階級が政治論争を引き起こし、それによって歴史を形作ってきたからである。

では、本書の憂慮すべき報告は、こんにちの緊迫した政治状況にどのような影響を与えうるだろうか。格差が拡大する中で労働党が敗北した2015年の総選挙は、中流階級と労働者階級の区別にもとづいた古い階級のモデルの破綻と理解することができ、保守党の勝利は、本書で私たちが展開してきたアプローチの有用性の証明だと解釈することもできる。

ここ数十年の間にイギリスでは新しい不平等が拡大している。とくに経済格差は甚だしい。これは、大きな恩恵を受けている最上層にいる少数の「普通の」富裕なエリートと、あらゆる重要な経済的資源を持たない最下層にいる大量のプレカリアートとの間に、大きな階級格差を生み出すことになっている。

次ページ2つの両極の間には、中間の多くの階層が存在する
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT