世界で通用するVCのルールは誰が作ったか?

『VCの教科書』が明かす極端な資本主義の秘密

ベンチャーキャピタル(VC)やスタートアップ企業の世界にいると、周りは投資家ばかりで、自分のアイデアを売り込み、一夜にして数十億円~数百億円という資産を築く人ばかりに会うことになり、それが普通に感じてしまうという病がある。これは世の中の大勢からすれば普通ではない。

アメリカの著名VCの中には、ナスダックの時価総額の3分の1は自分たちがつくったと言っているファーム(会社)さえある。ここまでくると、日々、改善を繰り返すことにより数銭のコストダウンを実現する細かな仕事をミリミリと行う会社とVCは、はたして同じ世界に属する「会社」かと不安になってくる。もしかしたらパラレルワールドが存在するのではないかと。

しかしながら、日々の改善にいそしむ会社も、「世界を変える(かも知れない)」スタートアップに株式投資を行い、その株式価値が増大したところで、株式を売却して利益を出すことを生業にしているVCも、同じ資本主義社会の住人であり、今はひたすらに自社の事業の深化を行う老舗企業にもスタートアップ時代があったことだろう。

「次のグーグル」を育てうる人気の職業

とくに日本で一般的には、なんだか怪しくも見えるVCの世界について「バイブル」や「教科書」と言える本が、ついに日本語訳となって出版された。それがスコット・クポール氏による『VCの教科書』である(もっともクポール氏自身は、この本は「バイブル」を目指してはいないと述べている)。

日本では関わる人間も少なく謎に包まれたVCではあるが、アメリカではウォールストリートの著名投資銀行勤務よりもある意味で、「格」が高い人気職業である。確かに、億万長者になれる可能性があり、もしかしたら次のグーグルやフェイスブックを生み出して、「あの会社は私が育てた」と言える立場にもなりうるVCという職業に人気があっても不思議ではない。

そんなベンチャーキャピタリストを目指す野心家たちやMBAの学生の間で「教科書」となっている本書を読めば、米国ベンチャーキャピタルの概要と仕組みは一通り理解できるようになっている。

本書の原題はその名も「サンドヒルロードの秘密(Secrets of Sand Hill Road)」である。タイトルだけを見れば、秘密基地か、ひと夏の秘密の思い出について書かかれているのかと思うが、ここで描かれる秘密は、極端な資本主義の秘密である。

本書については、グーグルのCEOだったエリック・シュミットも「VCの導き方を描いた決定版」という推薦を寄せている。著者の経歴を見れば、近年のシリコンバレーでも飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進したVCであるアンドリーセン・ホロウィッツでマネージング・パートナー(VCにおける経営者の一人)を務める人物であり、教科書の筆者として申し分ないだろう。

次ページ日本のVC創成期
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT