トヨタ、世界販売計画を942万台に引き上げ

2021年3月期のグループ販売台数を上方修正

 11月6日、トヨタ自動車は、2021年3月通期の世界販売計画を従来の910万台から942万台に上方修正した。写真はフランスのオネンにある同社工場に並ぶ新車。4月撮影(2020年 ロイター/Pascal Rossigno)

[東京 6日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は6日、2021年3月通期の世界販売計画を従来の910万台から942万台に上方修正した。

アジアは113万台から119万台に、日本は196万台から204万台に、欧州は87万台から93万台に引き上げた。北米は233万台のまま据え置いた。

通期の前提為替レートは1ドル=105円を106円に、1ユーロ115円を121円に見直した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT