ダイヤモンド社に集う「大リーガー編集者」

特別対談 ベストセラーを生むための編集と営業(下)

 

井上:僕はほんとに悔しかった。ほかの出版社に行かれるのなら、まだ、「ああ、女性誌が作りたかったんだ。しょうがないね」などと納得できますが、ほかの業界に行かれると、何だか出版業界が否定されるようで悔しいですよ。

和田:大学生の皆さんに、弊社に限らず、ぜひとも書籍編集を目指してほしいと思っています。編集者という仕事の本質はコンテンツメーカーです。たまたま今日の時点では紙の書籍を作っていますが、コンテンツメーカーという仕事は、20年後、30年後もなくなることはないと思っています。新しい情報サービスのコンテンツ作りのプロフェッショナルとして活躍できる、創造的かつダイナミックで奥深い仕事ですので、辞退どころか、もっともっと受けに来てほしいですね。

井上:営業としてはこれから、30万部を50万部に、50万部を60万部というように、すでに売れている本をどこまで引っ張れるかに挑戦したいですね。

たぶん『嫌われる勇気』(岸見一郎、古賀史健著)にしても『ゼロ』(堀江貴文著)にしても、僕らが力を入れなければ、おそらく5万部、10万部で終わっていたはずです。

今、みんなで気をつけているのは、あきらめないで書店さんにプッシュし続けること。本当は既刊本をしつこく並べ続けるのは、営業も書店さんも飽きてしまう。でもそこであきらめないで、「今度はPOPを変えてやってみよう」とか、「この時期にあえて、またお試し版を書店さんに配ろう」とか、書店さんに動いてもらうための方法はいくらでもあると思っています。

佐々木:いやあ、今日は、なぜダイヤモンドからヒット作が継続して出るかがよくわかりました。やっぱりシステムができている。生態系ができたら、そう簡単には今の勢いは衰えませんね。どうもありがとうございました。

(構成:長山清子、撮影:風間仁一郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT