女子高生が竹下通りから新大久保に流れるワケ

原宿では歴史がある雑貨店など閉店が相次ぐ

さらに通りを進む。インバウンドや修学旅行生の姿は見当たらない。気になったのは「閉店」の2文字。10代の女の子たちに人気のあったクレアーズは、店内に「10月31日」の表示があり、閉店セールの真っ最中だった。

10代に人気を誇ったクレアーズも閉店した(写真:筆者撮影)

下りたままのシャッターに「閉店のお知らせ」を張り出している店もちらほら。よく見ると「1月26日をもちまして……」とある。

「コロナ禍による閉店が相次いだ」との報道があったが、そればかりではなさそうだ。閉じたシャッターにペンキの落書きが一面にされている店もあり、わびしさが漂う。

竹下通りのイメージソングも

1983年に竹下通りにオープンした名物クレープ店「エンジェルスハート」も2019年に閉店。中国雑貨の「大中」も2018年に閉店した。竹下通りの歴史を残す店は減る一方だ。

11月初旬の平日、再び通りを歩いてみた。午後3時、人通りは少なめだ。手持ち無沙汰の店員さんの姿が多い。路地奥にある子ども用のガチャのコーナーやインバウンド向けショップは閑散としている。10月末に閉店した人気店はシャッターが下り、「閉店のお知らせ」が貼られている。

肩が触れ合い、進むのが困難だった大混雑とは程遠いのが、コロナ禍の竹下通りの現状だ。それでも新たな動きは出ている。原宿駅前の街並みが一新されたことに加え、この秋には「原宿竹下通り2020公式イメージソング」が発表された。

10代の女性たちに人気のGirls²の「#キズナプラス」で、公式イメージソングは初めての試みだ。通り沿いのフラッグや横断幕などにグループのビジュアルが登場し、人気ショップとのコラボイベントも開催されるという。活性化に向けた取り組みなのだろう。

ショップ関連では、タピオカに代わって最近人気のバナナスムージーの店が10月に入ってオープンした。店内ではパフォーマーたちによるダンスパフォーマンスが披露され、道行く人たちが足を止めて見入っていた。大人気の「鬼滅の刃」関連グッズを扱う店もチラホラ。新陳代謝が進んでいるということだろうか。

次ページ子どもたちのお小遣い事情も影響?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT