ホンダ「NSX」30年の歩みに見えたこの先の課題

技術を磨きブランド育て文化を創っていけるか

あのフェラーリやポルシェが後を追いかけた(写真:ホンダNSX30周年記念特設サイト)

ポルシェは1989年デビューのポルシェ911からティプトロニックと呼ばれるATやABSなどを採用していくが、フェラーリが2ペダルのF1マチック、ABSなどを設定するF355を投入するのは1993年のことである。

バブル崩壊もあり初代NSXの販売台数は決して多かったわけではない。結局、グローバルで1万8734台を販売し、2005年をもって生産、販売は終了された。

そのNSXの名が甦ったのは2012年。まずはコンセプトカーとして、発売を前提に開発が進められていることが明らかにされる。そして予定よりもやや遅れた2016年に、ようやく市販版の新型NSXが正式に発表される。今回の車名は「New Sports eXperience」の略である。

この現行NSXが、初代と同じなのはミッドシップレイアウトを採るスポーツカーということだけで、ハードウェアのコンセプトはまったく異なるものとなっていた。なんと言っても特徴的なのは、V型6気筒3.5Lツインターボエンジンと、リアに1基、フロントに2基の計3基の電気モーターを組み合わせたハイブリッド車だということだ。

その名もSPORT HYBRID SH-AWDは、左右前輪を独立した電気モーターで制御することで、異次元の旋回性能を実現すると謳う。実はリーマンショック前にホンダがNSX後継車として試作するもお蔵入りとなってしまったHSV-010は、V型10気筒エンジンをフロントに積み、SH-AWDを組み合わせたモデルだったから、新しいNSXがこうしたハイテクマシンになることは、十分予想できた。

初代に思い入れを持つファンの反発

しかし実際にそれがNSXとして世に出ると、初代に思い入れを持つファンは強く反発するようになる。ファンだけじゃない。多くのメディアもこぞって「これがNSXか?」という論旨の記事で煽り立てた。開発がアメリカホンダ主導だったことも、初代に思い入れた人たちには純潔に映らなかったのだろう。

実際はどうだったのか。パームスプリングスで行なわれた最初のメディア試乗会をはじめ、サーキットやワインディングロードなどでかなりの時間、距離をこの現行型NSXと過ごした私の実感からすると、そこにはまさに「新しいスポーツカードライビング体験」があると断言できる。

初期型は確かに荒削りな部分も多々あったが、一方でかつて経験したことのないようなコーナリングを堪能できるのも事実。但し、それには乗り手の側も新しいドライビング技術を心がける必要があるが、それは1980年代のF1マシンと今のそれの操縦方法が異なるように、時代の進化にいかに合わせていくかというだけの話である。

次ページ昔のままの運転ではうま味が味わいにくい
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT