ニコ動生みの親「企業の一番重要な役割は雇用」

企業経営には「シンプルな成功哲学」が必要だ

ネットの世界に疎い私にはよくわからない。「ブログの技術力」とは何なのか。

「簡単にいうと、技術力がないとサーバーが重くなって、アクセスして読み込むのに時間がかかるんです。ライブドアは、それが速かった。いつも、われわれの一歩先を行っていました」

そのライブドアを作り上げた堀江は、藤田にとって、どういう存在だったのか。

「堀江さんはライバルであり、仲間でもありという感じでした。僕たち、もともと一緒にやっていたんです。うちは、営業力はあるけど、技術力がない。堀江さんのところは、技術力はあるけど、営業力は弱い。そこで、組んで事業をやっていたのです」

大事なのは、いいときに傲慢にならないこと

その後、それぞれに独立。藤田のサイバーエージェントが、技術力など弱点を克服し、順調に利益を上げている秘訣を聞いた。

「いいときに傲慢にならないことが大事ですよね。いいときって、プライドが高くなったり、けっこういろんな人を怒らせたりしてしまう。短期的な評価に満足して、長期的に手を打っておかなければいけないことをやらなかったりもする」

答えづらいだろうが、私はあえて質問してみた。堀江は絶頂期に傲慢だったと思うか。

「うーん……」と藤田は黙ってしまった。真面目なのだ、と思った。質問をやや変えた。

「なぜ堀江は叩かれて、あなたは叩かれなかったの?」

「田原さんは、堀江さんについて、よくネクタイの話をされるじゃないですか。だから今日はネクタイをしてきました」

藤田は、少しはぐらかすようにいって、笑った。

私は、ネクタイを締めないことが悪いこととは思わない。ただ、彼が球団を買えなかったのはネクタイを締めなかったからだということは、真実だと思っている。

『伝説の経営者100人の世界一短い成功哲学』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「堀江さんは、人がどう思うかということをあまり考えないですからね」

そう藤田はいった。私は、それが堀江のいいところだと思う。そう伝えると、藤田はこう返した。

「いいところであり、考えなくちゃいけないところでもあると思います。自分の金だから好きにやっていいだろうとなってしまうと、不快に思う人もいる。社会に生きている以上、そういうところも考えないと」

「愚直」。IT企業の社長とは一見似つかわしくないが、藤田には、この言葉がよく似合う。

注)本稿に登場する経営者の肩書は、私の記憶に最も印象付けられている当時のものとさせていただいた。そのため、短い略歴も同時に掲載させていただいた。
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT