築地本願寺、元銀行マン僧侶が大活躍の理由

超常識のマーケティングと変革マネジメント

これが寺の“常識”なのですから、学生時代から「なんでも見てやろう」という気持ちが強く、迷ったらまず「イエス」と言う私であってもまだ道半ば、試行錯誤と失敗の日々です。

インスタ映えで大行列の「18品の朝ごはん」

それでも境内を大改装し、カフェTsumugiの「18品の朝ごはん」が「インスタ映え」で大人気になるなどの話題性もあって、参拝者は1日平均4000人から多い日で1万人を超えるなど急増しています。

新たに発足した会員制度組織「築地本願寺倶楽部」は現在会員数が2万1000人、2023年から2024年にかけての親鸞聖人ご誕生850年・浄土真宗立教開宗800年までには10万人を目指しています。

会員が生前に申し込み可能、永代使用冥加金が30万円からの「築地本願寺合同墓」は現在ご契約数が約1万1000人ですが、予約が殺到しています。

築地本願寺の大改革としてCRMのシステム整備も行いました。そうは言っても一般企業では当たり前にやっている普通のものですが、門信徒とのご縁を強化することにつながるはずです。ペーパーレス化やフリーアドレス制、ノートパソコン1人1台の新たな寺内システムも動き出しています。

VUCA(Volatility:変動性、Uncertainty:不確実性、Complexity:複雑性、Ambiguity:曖昧性)の時代、生き残りはお寺や僧侶だけでなく多くの企業とビジネスパーソンに共通する課題です。

築地本願寺という「古い枠組みにとらわれていた老舗寺院」が、どのようにリブランディングし、伝統を生かしながら変わろうとしているのか。生き残りをかけて日々奮闘されているビジネスパーソンの皆さんにヒントにしていただけば幸いです。

 
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT