「もう無理」スペイン緊急事態で慟哭する飲食店

カタルーニャ州では10月14日から休業要請

バルセロナのあるカタルーニャ州では、10月14日から飲食店に対して15日間の休業を義務化している(ロイター/Albert Gea)

新型コロナウイルスの感染者数が再び拡大しているスペインは10月25日、2度目となる緊急事態を宣言した。これにより、スペインでは原則、午後11時から翌朝6時までの外出は禁止されることになる。これに先駆けること約10日前、スペイン随一の観光地、バルセロナを擁するカタルーニャ州ではレストランなど飲食業界に対して15日間の営業停止を発令。レストランなどから悲鳴が上がっている。

カタルーニャ州だけで1日6000人感染

発令から1週間が経過した今もカタルーニャ州の感染状況は収束しておらず、逆に拡大の一途をたどっている。カタルーニャのデジタル紙のひとつ『クロニカ・グロバル』でも報じているように、24日における24時間の同州での感染者は6000人と、パンデミックの最初の時点からの累計感染者数は22万5901人に達した(ちなみに、スペイン全体の新規感染者数は1日約1万7000人)。感染者が急増している背景にはPCR検査を1日に3万人を対象に実施していることも影響している。

さらに同紙によると、入院患者は1743人、集中治療を受けている患者は325人に上る。10万人当たりの感染者数も平均して713人と、今後も感染拡大の可能性が高いことを示している(世界保健機関=WHOは、10万人につき120人以上の感染者がいる場合は感染の危険性が高いとされている)。現在のカタルーニャでの感染確率も1.5%とされており、100人の感染者がいれば150人が新たに感染する可能性が高いということでこの点でも感染拡大の危険性が依然高い。

こうした状況下にあるものの、カタルーニャ州政府は経済の柱になっている飲食業者と宿泊業者などを対象にした観光業界での2週間の営業停止という決定を下すことに当初ためらいがあった。何しろ、観光業は同州のGDPの12%を担い、また雇用面においても14%を占めているからだ。

しかも、地元デジタル紙『エル・ナシオナル』(10月21日付)が示しているように、現在までのカタルーニャにおける観光業の落ち込みは74.8%という悲惨な状況にある。それを承知で2週間の営業停止を発令させることはさらにこの落ち込みを加速化させてしまうことになる。

次ページ飲食店4万軒のうち、3万軒がもろに影響を受ける
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT