パンダと麒麟で「GoTo」に照準、JR西の特急戦略

関西の在来線、「異色」のラッピングで勝負

JR西日本が南紀方面で運行中の「パンダくろしお」。3編成目は親子パンダのデザインだ(記者撮影)

東海道・山陽新幹線がひっきりなしに発着する新大阪駅は、大阪の玄関口であるだけでなく西日本各地へ向かうさまざまな在来線特急の姿を見ることができる。

福井・金沢方面へは長編成が迫力の「サンダーバード」、ハローキティの華やかな装飾に身を包んだ関空特急「はるか」、鳥取方面へはディーゼルエンジンがうなりをあげる「スーパーはくと」と、在来線特急の顔ぶれは多彩だ。2019年3月に全線開通したおおさか東線を経由する奈良行きの臨時特急「まほろば」が運行する日もある。

”異色”の在来線特急

なかでも最近、南紀方面の「くろしお」と福知山・城崎温泉方面の「こうのとり」のラッピング車両が存在感を増している。くろしおは沿線の主要観光地、白浜のパンダをイメージしたデザインに。こうのとりは、明智光秀など沿線にゆかりの深い戦国武将を側面に描き、車体色もがらりと変更。文字通り「異色」の編成が登場した。

2017年8月のデビュー当日、白浜駅に到着した「パンダくろしお」(記者撮影)

「ハローキティはるか」を始め、人気キャラクターを車体に描いた在来線特急や新幹線は鉄道各社が導入している。最近はアニメ「鬼滅の刃」の劇場版公開に合わせ、登場人物をデザインしたJR九州の特急「かもめ」「ソニック」が話題だ。対して、くろしお・こうのとりの場合、沿線の観光資産を取り込み、見た目のインパクトで勝負しているのが特徴と言える。

次ページもとは“地味な”特急車両
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT