コンビニ加盟店が激白!店舗の「過酷な実態」

セブン、ファミマ、ローソンオーナーの本音とは

――加盟店の皆さんはセブン、ファミマ、ローソンの社長をどう評価していますか。

セブンオーナー:セブン-イレブン・ジャパンの永松文彦社長は大きいビジョンに立っておらず、短期的な加盟店の不満をなくそうとしている。「しんどいけど乗り越えよう」というものはない。

ファミマオーナー:セブンは昔から加盟店に対して高圧的で、頭から押さえ込んでいるから憎まれている印象。永松社長は顔が見えず、何を考えているかわからない。

加盟店からは評価する声も

ファミマオーナー:ファミマの澤田貴司社長は、ただのパフォーマンスという人もいるが、私は心の底から加盟店をよくしていこうと思っている印象を持っている。レジ操作の簡略化や2020年6月から開始した24時間営業の選択制は澤田社長のおかげ。これと言ったものすごい実績はないが、加盟店としては大きな何かより、レジ操作のようにちょっとした気づきを改善して土台を強くするほうがありがたい。高柳浩二会長の印象はまったくない。

セブンオーナー:ファミマはヒット商品がなく、知り合いのファミマオーナーは何人も「伊藤忠の販売店じゃない、ふざけんな」と言っている。

ローソンオーナー:2016年に社長に就任したローソンの竹増貞信社長は、大きなことを言わなくて最初の頃は地味だと思った。だがセルフレジにもなるレジを導入するなど、現場目線が意外とある。4年前よりコンビニの業務が楽になっている。あと、2020年度から本部社員の評価基準として加盟店の利益をKPIにしたのは、ミニストップほどじゃなくても思い切ったことだ。

トータルでは竹増社長に対しプラスの印象を持っているが、コンビニ会計の改善は後回しにしている。デジタル化など改善の小出しはするが、本丸は最後まで引っ張りたいのが見える。

【情報提供のお願い】東洋経済では、コンビニ業界が抱える課題を継続的に取り上げています。こちらのフォームではコンビニのフランチャイズ経営に関する情報提供をお待ちしております。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT