清掃員も困惑「得体の知れぬヤバいゴミ」の正体

散乱する包丁や注射器、謎の液体入り紙パック

掴むだけで微粒子が舞い上がり、感覚的には粉が毛穴に暴力的に侵入してくるよう。数十秒後には、2メートルも離れていないもう1人の清掃員が見えなくなり、忍者が姿をくらます時に使う秘密道具を食らったのかと思った。

相棒:ゲッホ、ゲッホっっ……これボヤ騒ぎっすねっホッホッー。

滝沢:ホッホッー、ブファー………なんでわかったのっ?

相棒:これ……ゲッホー、そうでしょっ?

『やっぱり、このゴミは収集できません 〜ゴミ清掃員がやばい現場で考えたこと』(白夜書房)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ピンクの煙の中にいるのならば、エロい気持ちになりたいのに、炭素化したゴミを見ている。恐らく煙草のポイ捨て。

一箇所を中心に黒い輪が広がっていた。ゴミ捨て場ならいいやと、軽い気持ちで消していない煙草を投げ入れたのだろう。そのせいで僕は、エロい気持ちにならないピンクの煙の中でむせ返って、ゴミを運んでいる。回転板のボタンを押せばピンクの煙は色濃くなり、忍者は1人ではなく2、3人いるのではないかと錯覚する。色濃くなったところでもちろん、エロい気持ちになんかなれない。いや、別にエロい気持ちになりたい訳ではねぇわ!と口に出したくなったところでふと思った。

「オーライじゃねえわ!」

消火器の中身は吸っても大丈夫なのだろうか? 吸い込む可能性のあるものだから、有害物質が入っていれば、もっと注意喚起しているはずだ。だから大丈夫なのだろう。でも2メートル先の相棒の顔も見えないピンクの煙の中にいると人問、疑いたくもなる。

ゲッホゲッホ! これは体が本能的に嫌がっている拒絶反応ではないのか? マスクはしているが、酸っぱい口になっているような気がする。消化器の中身って酸っぱいのね。

相棒:オーライ!

「オーライじゃねえわ!」と相棒に言いたかったが、口を聞く訳にはいかない。相棒の顔を見れば、片栗粉をまぶした揚げる前の唐揚げのようになっている。ということは僕もだ。袖口で顔を拭こうと思ったが、制服もピンクに染まっていた。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT