パキスタン政府、二転三転するTikTok禁止措置

「公序良俗に反するコンテンツ」の削除求める

パキスタン政府はTikTokの違法コンテンツ対策が不十分として利用禁止に踏み切った(写真はイメージ)

若者に人気のショート動画アプリ「TikTok(ティックトック)」の利用禁止を宣言する国が、またひとつ増えた。中国時間の10月9日夜、パキスタン政府が「公序良俗に反するコンテンツがある」ことを理由に、TikTokの配布や利用を禁止すると発表したのだ。

パキスタン通信規制庁(PTA)の声明によれば、TikTok上で「不道徳で下品」なコンテンツが共有されていることについて、パキスタン国内の多方面から苦情が寄せられていた。PTAは問題をTikTokに通知し、対策のための時間的猶予も与えたが、アプリに十分な改善が施されなかったという。

なお、パキスタン政府はTikTokとの対話継続を排除せず、仮にTikTokが「違法コンテンツに対処するための満足できる仕組み」を整えた場合、利用禁止について再考する用意があるとしている。財新記者はTikTokの親会社である字節跳動科技(バイトダンス)にコメントを求めたが、返答は得られなかった。

アメリカでは「全面禁止」めぐり法廷闘争

パキスタンはTikTokの利用禁止を公に宣言した世界で3番目の国家だ。最初に締め出しを実行したのはTikTokにとって(中国を除く)最大の市場だったインドで、国家安全保障上の問題を理由にインド政府が6月29日に利用禁止を発表した59本の中国製アプリのなかに含められた。

2番目はTikTokの第2の市場だったアメリカだ。8月6日、ドナルド・トランプ大統領はアメリカの企業や個人がバイトダンスおよび関連企業と取引するのを禁じる大統領令に署名した。これに伴い、アメリカ商務省は9月18日に取引禁止の詳細を発表。9月20日からアメリカ国内のアプリストアでTikTokのダウンロードを禁止し、11月12日からはサービスの提供そのものを禁じるとした。

本記事は「財新」の提供記事です

これに対してバイトダンスは、大統領令とそれに基づく商務省の措置の差し止めを求めてワシントンの連邦地裁に提訴。ダウンロード禁止については連邦地裁が差し止めを暫定的に認めたため、アプリのダウンロードは今も続いている。たが、11月12日からの全面禁止措置をめぐっては審理が継続中であり、結果は予断を許さない。

(訳注:パキスタン政府は10月19日、同国の社会規範と法律に基づくコンテンツ対策をTikTokが実施したとして、利用禁止を解除した。ただし今後の状況次第で、再び禁止することも有り得るとしている)

(財新記者:杜知航、関聡)
※原文の配信は10月9日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT