ユーロの信認を揺さぶるギリシャ危機の行方



 一部ではギリシャのユーロ離脱の可能性も指摘されるが、これも非現実的だ。「ギリシャが旧通貨のドラクマに戻せば価値は急落し、ユーロ建て中心の債務負担は一段と深刻化する。ユーロの信認にも傷がつき、市場では『次はどこだ』との思惑が増幅しかねない」(伊藤さゆり・ニッセイ基礎研究所主任研究員)。

厳しさ増すポルトガル スペイン、英国に波及も

実際、“火薬庫”はギリシャだけではない。すでに、双子の赤字に苦しむポルトガルやイタリア、スペインなどの国債が売られ、ドイツ国債とのスプレッド(利回り格差)が拡大。特に厳しいのがポルトガルで、「00年代に入って景気がずっと低迷したままで税収が増えない。ユーロ域内貿易が多く、通貨固定で競争力が低下した」(中村氏)。もともと農業国で産業基盤が弱く、金利上昇からデフレ圧力も高まっている。

今後、ユーロの信認に対する影響を占う焦点とされるのが、EU主要国の一角であるスペインへの波及だ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?