ユーロの信認を揺さぶるギリシャ危機の行方



 一部ではギリシャのユーロ離脱の可能性も指摘されるが、これも非現実的だ。「ギリシャが旧通貨のドラクマに戻せば価値は急落し、ユーロ建て中心の債務負担は一段と深刻化する。ユーロの信認にも傷がつき、市場では『次はどこだ』との思惑が増幅しかねない」(伊藤さゆり・ニッセイ基礎研究所主任研究員)。

厳しさ増すポルトガル スペイン、英国に波及も

実際、“火薬庫”はギリシャだけではない。すでに、双子の赤字に苦しむポルトガルやイタリア、スペインなどの国債が売られ、ドイツ国債とのスプレッド(利回り格差)が拡大。特に厳しいのがポルトガルで、「00年代に入って景気がずっと低迷したままで税収が増えない。ユーロ域内貿易が多く、通貨固定で競争力が低下した」(中村氏)。もともと農業国で産業基盤が弱く、金利上昇からデフレ圧力も高まっている。

今後、ユーロの信認に対する影響を占う焦点とされるのが、EU主要国の一角であるスペインへの波及だ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT