「ヤリスクロス」実際買うならどのグレードか?

多彩なメーカーオプションも考慮した選択を

最近のトヨタ車としては、メーカーオプションの数が多いヤリスクロス。その中からオススメしたいメーカーオプションをピックアップしよう。

まず、「Z」以外を選ぶのであれば、フルLEDヘッドランプ&リアコンビランプ(7万1500円)は、ぜひ選んでおきたいところ。そうしないとヘッドランプが通常のハロゲンランプとなってしまい、明るさに不満が出てしまうだろう。

LEDヘッドライトはハロゲン仕様とライト内のデザインも異なる(写真:トヨタ自動車)

キャラクター的にはもちろん、実用的な装備としてはステアリングヒーターとシートヒーターも欲しい。「Z」はシートヒーターが標準のため、ステアリングヒーター単体で1万1000円、「G」では運転席イージーリターン機能とセットオプションで3万1900円となっている(「X」では選択不可)。

アウトドアレジャーにもガンガン活用したいと考えているならルーフレール(3万3000円)もチョイスしたい。ヤリスに比べれば広いものの、4名乗車でレジャーに向かうとなるとトランクルームだけでは物足りなくなる可能性が高いため、ルーフボックスなどを装着できるベースはあったほうがよい。ただし、ルーフレールも「X」では選択不可だ。

災害時にも使える非常時給電システム付コンセント

ハイブリッドモデルを選ぶのであれば、AC100V・1500Wのアクセサリーコンセント(4万4000円)はマストで装着したいオプションだ。アウトドアレジャー時はもちろんのこと、非常時給電システム付なので、災害時などに電源車としても使うことができる。

本格的なオフロード走行はしないまでも、河原でのバーベキューやキャンプなど、不整路に行くことを考えているのであれば、スペアタイヤ(1万4300円)を選択肢に入れておこう。パンク修理キットは標準装備となっているが、岩場などでサイドウォールを傷つけてしまった場合、修理キットではカバーできないためだ。ただし、ハイブリッドの4WDには設定がないほか、ラゲッジアンダートレイのスペースが圧迫されるというデメリットも存在する。

シティユースにもアウトドアレジャーユースにも活躍してくれるクロスオーバーSUVのヤリスクロス。グレードやオプションの選択方法で大きくキャラクターが変わってくるので、自分にピッタリの組み合わせを見つけたい。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT