「ヤリスクロス」実際買うならどのグレードか?

多彩なメーカーオプションも考慮した選択を

ヤリスクロスのグレードも最近のトヨタ車と同じく、上級グレードの「Z」、中間グレードの「G」、ベーシックグレードの「X」となっており、それぞれにハイブリッドとガソリンが用意される。ガソリンのXグレードにのみ、装備を省いた9万8000円安の「Bパッケージ」が用意されているが、その省かれる装備の内容が先進安全装備一式となっているため、まったくオススメできないグレードだ。

各グレードの価格差は「X」と「G」で11万円(ハイブリッド)~12万4000円(ガソリン)、「G」と「Z」で19万円(ハイブリッド、ガソリン共に)となる。「X」と「G」の差は、16インチアルミホイールが標準となり、ステアリングとシフトノブが本革となって内装の加飾が増えるほか、ディスプレイオーディオが7インチから8インチへと大型化される点が大きなところ。

装備内容を考えると「G」が割高というわけではないが、性能面に直結する部分は少ないので、少しでも安くヤリスクロスを購入したいと考えるのであれば、「X」をチョイスするのもアリだろう。ただし、「X」でも16インチアルミホイールはメーカーオプション(6万500円)で装着できるが、2トーンボディカラーが選択できないので注意が必要だ。

上級グレード「Z」はコスパが高い

上級グレードとなる「Z」と「G」の違いは、18インチアルミホイールやフルLEDヘッドランプ&リアコンビランプが標準装備となる。

切削デザインの18インチアルミホイール(写真:トヨタ自動車)

「G」に18インチアルミホイール、フルLEDヘッドランプ&リアコンビランプをメーカーオプションで装着する場合は、それぞれ8万3600円、7万1500円となるから、これだけでも15万5100円相当の装備となるが、さらにほかのグレードではオプションでも選択できないアイテムも標準装備となる点に注目したい。

7インチカラーTFT液晶マルチインフォメーションディスプレイ付オプティトロンメーターや、合成皮革+ツイード調ファブリックのシート(運転席パワーシート&フロントシートヒーター付)などが、その一例だ。充実した装備を求めるのであれば、「G」をベースにオプションを追加するよりも、「Z」の方が圧倒的にコストパフォーマンスに優れると言える。

次ページ多彩なメーカーオプションは何を選ぶか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT