台湾が中国の脅威受け自衛や反撃の権利を表明

国防部「軍艦などによる嫌がらせや脅しが頻発」

 台湾国防部は9月21日、「嫌がらせや脅し」が相次ぐ中、台湾には自衛したり、反撃したりする権利があると表明した。写真は演習中の台湾軍ヘリコプター。台中市で7月撮影(2020年 ロイター/Ann Wang)

[台北 21日 ロイター] - 台湾国防部は21日、「嫌がらせや脅し」が相次ぐ中、台湾には自衛したり、反撃したりする権利があると表明した。中国軍機が先週、台湾海峡の中間線を越えて台湾の防空識別圏に入ったことを受けた警告とみられる。

中国軍機は18日と19日に台湾の防空識別圏に侵入、台湾空軍機がスクランブル(緊急発進)する事態となり、蔡英文総統は20日、中国は地域の脅威となっていると非難していた。

台湾国防部は21日付の声明で「今年に入り、敵の軍艦や航空機による嫌がらせや脅しが頻発」する中、台湾の初期対応の手順について「明確に規定した」と発表。台湾は「自衛や反撃」の権利を有しているとした上で、対立を激化させないという指針を守るとした。挑発はしないが「敵を恐れることもない」と表明した。

中国は先週、米政府高官らが台湾を訪問する中、台湾海峡付近で軍事演習を実施した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT