初代「レヴォーグ」6年間の総括で見えた功績

不満に応えた「日本専用車」は成功と言えるのか

この堅調さは、2016年の新グレード「STI Sport」投入や2017年の大幅改良など、定期的なテコ入れが功を奏したと言える。

とくに2017年の大幅改良では、アイサイトの進化版の「アイサイト ツーリングアシスト」を搭載したこともあり、発売1カ月で目標の2.5倍となる約5200台の受注を得た。

「STI Sports」は大幅改良後の主力グレードとなった(写真:SUBARU)

販売比率はSTI Sportが全体の4割強を占め、排気量では、1.6リッターと2リッターの割合が7:3といった具合だ。

ちなみにレヴォーグは、日本専用車という位置づけだ。現状、アメリカ、アセアン、オーストラリアなどでは、ステーションワゴンのニーズは低い。また、ヨーロッパでのスバル車は、税金などの関係で非常に高額となってしまうため、販売こそされているが、数が売れる状況ではない。つまり、レヴォーグは実質的に日本でしか売れないクルマなのだ。

スバルの新技術はレヴォーグから

もしも、レヴォーグが予定どおりに売れていなかったら、どうなっていただろうか。仮に日本での販売に失敗していたら、1世代だけで終わっただろう。つまり、第2世代が登場したという事実だけを見ても、初代は成功したと言えるのだ。

2代目レヴォーグは「スバルのテクニカルフラッグシップ」として、現在のスバルの最新技術が積極的に投入されている。そして、レヴォーグで試された新技術は、その後、スバルの別モデルに横展開されることになる。

10月に発売開始となる2代目レヴォーグ(写真:SUBARU)

聞くところによると、「低重心が売りの水平対向エンジンや、シンメトリカルレイアウトを生かしたスポーティな走りといったスバルならではの技術は、レヴォーグに使うことで最も効果を発揮できる」というのが、レヴォーグがテクノロジーフラッグシップになった理由の1つだという。

今やスバルのビジネスの主戦場はアメリカだ。かの地と比べれば、日本の市場は格段に小さい。その小さな日本市場のための専用車であるレヴォーグの存在は、スバルの中で肩身が狭いのかと思いきや、実は逆であったというのがおもしろい。そうしたスバルならではの技術を生かす器という意味でも、スバルにとって初代レヴォーグというクルマが生まれた価値は大いにあったと言える。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT