初代「レヴォーグ」6年間の総括で見えた功績

不満に応えた「日本専用車」は成功と言えるのか

一方でその当時、2010年初頭のスバルファンは、非常に不満がたまっていた。なぜなら、2008年にスバルは19年間戦っていたWRC(世界ラリー選手権)からのワークス撤退を発表していたし、レガシィはアメリカ向けにどんどんと大型化して、スポーティ度を薄めていた。

2009年に発売された5代目レガシィ(写真:SUBARU)

そのため「レガシィを日本市場向けに小さくしてくれ」という声ばかりが聞こえていたのだ。つまり、「レガシィ ツーリングワゴンがなくなることはありえない」「できればアメリカで販売するクルマを別のクルマにして、日本にはもっと小さなレガシィ ツーリングワゴンを投入してほしい」との考えがあったのだ。

そんな中、2013年にレヴォーグが、「1990年代に輝いたスポーティなレガシィ ツーリングワゴンの後継モデル」として登場した。当時のレガシィはアメリカ市場でのドル箱モデルになっており、路線変更は不可能。だから、レガシィはアメリカ向けとし、一方で日本のファンのためには、専用モデルとしてレヴォーグという新たなモデルが用意された。

つまり、「レガシィ」という名称はアメリカのモノとなったが、“かつての古きよき、小さなレガシィ ツーリングワゴン”と同じ内容のクルマが、別名で登場したのだ。これは、文字どおり、日本のレガシィ・ファンへのプレゼントとなった。

インプレッサを超える販売台数を記録

そのプレゼント=レヴォーグは、大いに話題を集め、そして人気モデルとなる。なんと発売された2014年度は、年間で4万1571台も売れた。トヨタであれば大したことない数字かもしれないが、スバルとしては最量販モデルである「インプレッサ」の4万731台(2014年度)よりも多く売れたのだ。まさに大ヒットと言える。

また、レヴォーグの売れ行きは年々減ってゆくが、それでも減少幅は小さく抑えることに成功した。2015~2017年にかけては毎年、前年比80~90%台で推移しており、モデル末期である2019年も年間1万2718台が売れている。

スバルは毎年のように改良を実施しており、そのたびに月販目標を3200台/月から2600台/月、2000台/月、1800台/月、1200台/月と市況に合わせて数字を下方調整しつつも、おおむね目標をクリアしている。そして、発売6年で13万5000台を超える販売を実現した。

次ページレヴォーグがほぼ「日本専用」となったわけ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT