ヤフーの“右脳”が開発した、「さわれる検索」

「クジラ」と言えば本当に“クジラ”が出てくる!

:実際、社員の皆さんの意識は変わり始めていますか?

内田:「こういう面白いことができないか?」という姿勢で仕事に臨む社員が増えた気がします。クライアントさんに提案に行くと、「ヤフーと媒体以外の話ができるなんてびっくりした」と言われます。

:「さわれる検索」では、企業から3Dデータをもらうなど、クライアントさんとの調整も多かったと思います。つまりヤフー社内で営業部門も巻き込んでいったわけですが、部署間の連携はスムーズにいきましたか?

内田:はい、営業などほかの部署にはかなりカジュアルに相談しにいっています。

荒波:「さわれる検索」はアイデア自体が面白く、かつ世の中のためになる企画でしたから、メンバーを募るのに苦労した記憶はまったくありませんね。

内田:逆に人が集まってきたくらいです。

:単純で、よいアイデアを提示していくことが、人を巻き込む秘訣ってことですね。

 電通から転職した内田氏(右)は「iPadマジック」をプレーするマジシャンでもある

内田:皆がアイデアを好きになってくれて、「それならうちの部署はこういうことができるよ」って声をかけてくれましたね。スケジュールの関係で実装までに至らなかった提案も、多数、社内から受けました。世の中で話題になってる広告って、やっぱりまだまだテレビの広告がほとんど。ネットの広告が国民的話題になることはあまりありません。しかし、クライアントの課題に対して、面白い提案をネットから広げていけるという意識が組織に芽生えてきたと感じます。

:まさに“アート”的な発想が身に付いてきたと。ユーザーだけでなく、まずは社内の心を動かす。それが縦割りを打破するポイントですね。

荒波:もちろん広告の営業サイドと、メディアの編集サイドで折り合いがつかずに結論が出るまで時間がかかることもある。しかし、今回の企画でいうと、やはりアイデアが秀逸だったことが大きい。“アート”的な発想がヤフーの可能性を広げていくんだと社員が実感した。そういう企画をこれを機にどんどん増やしていきたいですね。

「爆速」「10倍」が現場に浸透するワケ

:ヤフーは宮坂学社長が就任して以来、「爆速」をキーワードに多くのサービスをリリースしてきました。そして、今年2014年は「10倍」(×10)という言葉を掲げてらっしゃる。これらのメッセージは働く現場に浸透している?

内田:社員もそうですが、役員がすごくアグレッシブで「ここは大きな会社なのか?」と電通から転職してきたときに感じました。とにかく経営の判断が速く機動力がある。そういう役員がいるからこそ、現場も「爆速」で動けるのだと思います。僕が思うにヤフーは「日本でいちばん大きいベンチャー企業」と表現できるかもしれません。

荒波:「10倍」とは「サービスを10倍速く、10倍使いやすく、10倍大きく」ということ。大きな目標ですが、意識を変えるためには繰り返し言い続けることが大切です。さらに、具体的に評価システムにもこうしたスローガンを反映させています。たとえば、「仕事を速くやったかどうか」が人事評価の一部に反映される。

次ページわずか4ヶ月!”爆速”のプロジェクト
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT