「ランキング好きな日本人」が生き辛い根本理由

他人の評価に惑わされすぎていませんか?

ランキングに頼りすぎることによる弊害とは(写真:CORA/PIXTA)
日本人は「ランキング」が好きな傾向にある。例えば、偏差値、人気企業、芸能人のランキングなど。つい、ランキングに流されて自分の進路を決めたり、重要な判断を下したという人もいるのではないだろうか。
「ランキングがあれば、自分の頭で考えて判断しなくて済むが、そうした指標が妥当かどうか、または自分にとって役に立っているかどうかはまったく別の話だ」と『自分の軸で生きる練習』著者のコーチング・カウンセラーの大仲千華さんはいう。本稿では、同氏が「他人の指標や意見に流れないための考え方」を紹介する。

ランキングに流されてしまう日本人

就活、婚活、妊活、終活……「○○活」という言葉を見るたび、どう英訳したらいいのかと悩みます。これらは日本にしかない特有の言葉だからです。「○○活」という言葉には、ある1つのモデルが存在していて、それこそが正解であるというニュアンスがあります。

この「唯一無二の理想がある」という考え方は、日本人のランキング好きにも関係しているように思います。例えば、偏差値、人気企業、芸能人のランキングなどです。

そんな話をしていたら、テレビ番組のプロデューサーをしている友人が、こんな話をしてくれたことがあります。芸能人が神戸牛とオージービーフの2つを目隠しして味わい、どちらが高級かを当てる日本のテレビ番組の話です。

そして、彼はこう言いました。「おそらくあの番組は、アメリカでは人気が出ないと思う。だって、美味しいかまずいか決めるのは自分だから。仮に安いほうを美味しいと思っても、別に誰も気にしないから」。

次ページランキングがある限り「上下関係」が生まれる
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT