「メンズメイク」にハマる30代男性が増えるワケ

予想外に広がる日本人男性のメイク市場

パートナーは「すっぴんのほうが好き」と話しているそうで、意見は割れているそうだが「僕は、化粧後のキリッとした自分の顔が好きなので、貫き通します」と笑顔で語った。

ネイルから美容に目覚めたエンジニア男性も

アラフォー男性はどうか。エンジニアの加藤さん(仮名、38歳)にも話を聞いた。

肌艶が美しい加藤さんだが、はっきりと目立つ色味は使わないナチュラルメイク。彼がメイクしている事実に気がつかない人がほとんどだろう。

加藤さんが美容に目覚めたのは、約4年前。多忙で仕事のストレスがたまっていたときに、ネイルアートが施された、女性のきれいな手元が目に入った。ふと、「自分もネイルをやってみたい」と思ったのだという。

2016年当時はまだ、メンズネイルに対する目は厳しく、男性が施術を受けられるネイルサロンも少なかった。しかし、ネイル施術後、きれいになった自分の爪を見て、テンションが上がった。IT企業のエンジニアとして毎日長時間パソコンに向き合う中で、一番長時間視界に入るのは、自分の手元。「ネイルは、精神安定剤です。爪を眺める回数が増えました。満足感でいっぱいになり、以降定期的にネイルサロンに通っています」という。

毛深いのがコンプレックスで、小学生の頃に「ゲジゲジ眉毛」とからかわれたのがつらかった加藤さん。社会人になって「コンプレックスは、お金で解決すればいいのでは?」と考えるようになり、有名眉毛サロン「アナスタシア」を予約。眉が整い、顔つきが変わった自分の姿を見て、美容熱は増していった。

加藤さん愛用のスキンケアアイテム

「スキンケアも楽しそう! と思って、化粧水と乳液と美容液を購入しました。肌がもちもちするのが嬉しくて、いつの間にか、自分の朝晩のルーティンに組み込まれるように。あわせて、メイク下地なども利用するようになりました」(加藤さん)

加藤さんが「モチベアップ&参考になった」と語るメイク本

複雑な手順などは、メイク本で学んだのだという。

「まずはメイク本を購入して、お化粧の全体構造を知ることから始めました。モチベーションを上げてくれたのは、ものまねメイクで有名なざわちんさんの本。メイク次第でいろんな顔になれることがわかったし、プチプラコスメがたくさん紹介されていて、手をだしやすかったんです」(加藤さん)

まずは専門家の文献を辿る──エンジニアの加藤さんらしい研究プロセスだ。基本を学んでからは、YouTubeも眺めるようになったという。

肌をトーンアップし、アラも隠してくれる、お気に入りのベースメイクアイテム

「女性コスメYouTuberは多いけれど、色を使ったメイクがしたいわけではないし、男女は骨格や顔の作りが違うので、直接的に参考にはなりませんでした。僕はメンズメイクに興味を持った2016年頃は男性美容が今ほどは認知されていなかったので、女装をしている方の動画を見て、ベースメイクを学びましたね。今はモーニングルーティン動画などが流行しているので、情報も拾いやすい印象です」(加藤さん)

次ページおじさんが感じる、コスメ売り場への恐怖
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT