ナスダック293ポイント高、ハイテク株切り返す

テスラ約11%、アップルやアマゾン約4%上昇

米国株式市場はハイテク株が切り返し、主要3指数はそろって4日ぶりに急反発した。前日急落したテスラが10.92%上げたほか、アップル、マイクロソフト、アマゾン・ドット・コムは約4%上昇した。ニューヨーク証券取引所で3月撮影(2020年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 米国株式市場はハイテク株が切り返し、主要3指数はそろって4日ぶりに急反発した。前日急落したテスラ<TSLA.O>が10.92%上げたほか、アップル<AAPL.O>、マイクロソフト<MSFT.O>、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は約4%上昇した。

新型コロナウイルス流行に伴う外出自粛の恩恵を受けたフェイスブック<FB.O>やグーグルの親会社アルファベット<GOOGL.O>なども上昇。前日にはナスダック総合指数<.IXIC>が9月2日の終値ベースの最高値から10%下落し、調整局面入りしていた。

S&P情報技術<.SPLRCT>は3.35%上昇し、4月29日以降で最大の上昇率となった。

クレセット・キャピタル・マネジメントのジャック・アブリン最高投資責任者(CIO)はハイテク株の反発について「大幅で驚異的だった」と指摘。「投機的な面もあるが、ディフェンシブ的な面もある。新型コロナでどのような問題が起こっても、これら企業が生き残ることを知っているからだ」と述べた。

また、ナスダックがサポートラインである50日移動平均線を維持していることが、市場反転の鍵になったとの見方が出ていた。

主要株価指数の上昇率は、S&P総合500種<.SPX>が6月5日以来、ナスダックが4月29日以来、ダウ工業株30種<.DJI>が7月14日以来の大きさとなった。

この日はS&P500グロース指数<.IGX>が2.59%上昇し、S&P500バリュー指数<.IVX>の1.13%上昇を上回った。

個別銘柄では、英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>の米上場株が1.96%安。同社が中断した新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)を来週再開する可能性があると、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じたが、影響は限定的だった。

米宝飾品大手ティファニー<TIF.N>は6.44%安。高級ブランド世界最大手LVMHモエヘネシー・ルイヴィトン<LVMH.PA>がティファニー買収計画を断念すると発表した。

引け後の取引では、短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米部門買収を模索しているマイクロソフト<MSFT.O>とオラクル<ORCL.N>が下落。ティックトックを傘下に持つ中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)が米部門の完全売却回避を巡り米政府と協議していると、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。

ニューヨーク証券取引所では、値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を2.98対1の比率で上回った。ナスダックも2.27対1で値上がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は89億1000万株。直近20営業日の平均は92億1000万株。

 

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 27940.47 +439.58 +1.60 27711.7 28206.2 27704. <.DJI>

1 1 54

前営業日終値 27500.89

ナスダック総合 11141.56 +293.87 +2.71 11064.7 11217.6 10970. <.IXIC>

7 9 45

前営業日終値 10847.69

S&P総合500種 3398.96 +67.12 +2.01 3369.82 3424.77 3366.8 <.SPX>

4

前営業日終値3331.84

ダウ輸送株20種 11244.98 +164.11 +1.48<.DJT>

ダウ公共株15種 809.51 +10.88 +1.36<.DJU>

フィラデルフィア半導体 2169.61 +61.00 +2.89<.SOX>

VIX指数 28.85 -2.61 -8.30<.VIX>

S&P一般消費財 1222.32 +27.63 +2.31<.SPLRCD>

S&P素材 406.70 +10.24 +2.58<.SPLRCM>

S&P工業 653.19 +10.08 +1.57<.SPLRCI>

S&P主要消費財 666.37 +9.76 +1.49<.SPLRCS>

S&P金融 412.07 +3.73 +0.91<.SPSY>

S&P不動産 224.28 +2.72 +1.23<.SPLRCR>

S&Pエネルギー 252.21 +1.54 +0.62<.SPNY>

S&Pヘルスケア 1230.48 +21.44 +1.77<.SPXHC>

S&P通信サービス 201.51 +1.83 +0.92<.SPLRCL>

S&P情報技術 2045.52 +66.24 +3.35<.SPLRCT>

S&P公益事業301.76 +3.75 +1.26<.SPLRCU>

NYSE出来高9.23億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 23190 + 220 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物9月限円建て 23185 + 215 大阪比 <0#NIY:>

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT