社員の紹介ほど有効な採用手段はない

社員全員を採用担当者にする仕掛け

チーム体制で採用に取り組むメリット

社員一人ひとりの「点」の力に限界があるのなら、チームという「面」のパワーで取り組む。何も目新しいことはありません。営業に置き換えてみれば、当たり前のことです。

ビズリーチでは、それを採用にも活用しているだけです。チームで取り組めば、ひとりの努力ではお声がけできなかった優秀な人に対しても、仲間の力を借りてお誘いできるかもしれません。

たとえば、自分よりも一回り以上年下の新人に声をかけたいとしたら、同じく新人のチームメンバーにお願いして一緒に会うことで、その若者の心を動かせるかもしれません。

何より、自分たちが誘った人が仲間になってくれるというのは、本当にうれしいことです。その仲間が生き生きと仕事をして、どんどん活躍していくのを見るにつけては、この人を誘ってよかったと思うのです。

社員全員で会社のあり方を見つめ直し、仲間探しに取り組んでいく。時間と労力と情熱が必要なプロジェクトですが、苦労するだけの見返りは十分にあると思っています。

ビズリーチ流採用のコツ:社員全員でチームを作り、チームの力で採用に挑む。

(構成:朝倉真弓)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT