任天堂「あつ森」快進撃でもスイッチ不足の苦悩

品薄で増産対応だが、高値転売には対策できず

「あつまれ どうぶつの森」は世界的な大ヒットとなり、6月までに2240万本以上売れている(写真:任天堂)

「巣ごもり消費」を追い風に任天堂の快進撃が止まらない。

任天堂が8月6日に発表した2020年4~6月期決算は売上高が前年同期比で約2.1倍となる3581億円、営業利益は約5.3倍の1447億円と、4~6月期としては過去最高を記録した。

2020年3月に発売した「あつまれ どうぶつの森」(あつ森)を筆頭に、Nintendo Switch(スイッチ)向けの家庭用ゲームソフトの販売が絶好調だった。4月以降に発売した他の新作タイトルも含め、あつ森以外に既存タイトルを含む9タイトルが100万本以上のヒットとなったことが要因だ。

際立つ「あつ森」の好調ぶり

新型コロナウイルスの感染拡大で外出規制がなされ、自宅で時間を過ごす巣ごもり現象が日本だけでなく世界中で広がった。そのことで、家庭用ビデオゲームの消費が盛り上がった。

ソニーの「プレイステーション4」向けに新作タイトルを発売したスクウェア・エニックスやカプコンなどのゲーム関連各社は、4~6月期にいずれも増収増益となった。小売店が休業を余儀なくされたことで、新作・既存タイトルともに利幅の大きいダウンロード販売比率が高くなり、既存のリピート販売が好調だったことも利益を押し上げた。

追い風が吹くゲーム各社の中でも、とくに任天堂の「あつ森」の好調ぶりは際立っている。

あつ森は、無人島にプレーヤーが移住し、どうぶつたちと交流しながらその暮らしを楽しむというものだ。あつ森内の仮想空間ではほかのプレーヤーや登場キャラクターと交流でき、季節限定の無料アップデートも継続的に実施した。こうした1つのゲームをより長く遊び続けてもらうための工夫が高評価を得た。

次ページ「スーパーマリオ」の記録を易々更新
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT