成城石井の品ぞろえが他店と全く違うカラクリ

仕入れを他者に委ねない「バイヤー」の獅子奮迅

また、実は和菓子もラインナップが豊富だ。お菓子コーナーには地方の隠れた銘品がずらり。ここにもオリジナル商品がたくさん含まれていたりする。輸入もののイメージが強い成城石井だが、実は和のものも人気なのだ。

さらに成城石井で人気なのが、セントラルキッチンと呼ばれる自社工場で製造された自家製惣菜だ。和食、洋食、中華だけでなく、大ヒット商品「フォー・ガー」など、なんとエスニック料理まである。本場ドイツの製法を今も守る自家製ソーセージは大人気商品の1つだ。

海外から取り寄せた独特な商品が並ぶ(撮影:今井 康一、成城店で2019年3月撮影)

自家製スイーツも、今や成城石井の看板商品ともいわれ、年間120万本以上売れるというプレミアムチーズケーキをはじめ、コーヒーゼリーやプリン、最近ではモーモーチャーチャーなど人気商品がずらりと並ぶ。

ほかにも牛乳、お酒、魚、肉など特徴ある売り場がずらり。また、発売時には行列ができる商品、成城石井ファンが毎年の発表を心待ちにしている商品など、話題には事欠かない。では成城石井は、どうやってこの品ぞろえを実現させているのか。

自前の輸入会社を持ち、バイヤーが世界を飛び回る

問屋や輸入業者に仕入れを委ねてしまい、入ってきた商品を店頭に並べるだけなら、こんな品ぞろえにはならない。成城石井は自分たちで輸入会社を持ち、バイヤーが世界を飛び回り、国内にもアンテナを鋭く立てているから、こんな仕入れができるのだ。

実際、バイヤーはカテゴリーごとに担当を持ち、味、品質、価格のバランスがとれた隠れた優良商品を常に探し続けている。日本中で、世界中で。展示会場に行ったり、マーケットや飲食店を巡ったり、マルシェを回ったり。そして、これぞと思うものがあれば、大胆に仕入れる。

もとより、実は「本当にいいもの」を作っている一流の作り手は、誰にでも売りたいわけではない。これは、世界でも日本でも同じ。商品の価値を知り、理解し、自分たちも認める顧客に売ってほしいと考えているのだ。

だから、バイヤーたちは、お店で売らせてほしいと懸命に頭を下げることになる。そういう「本当にいいもの」をこそ、成城石井は仕入れることを考えているのだ。しかも、できるだけリーズナブルに。

次ページ瓶詰めされるはずの商品をドラム缶で仕入れることも
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT