成城石井の品ぞろえが他店と全く違うカラクリ

仕入れを他者に委ねない「バイヤー」の獅子奮迅

こだわりのスーパーマーケットの裏側は他チェーンと一味も二味も違う(撮影:今井 康一)

インスタグラムやツイッターで「成城石井」を検索すると、投稿が山のように出てくる。特定のスーパーの名前が、ここまでSNSで取り上げられている例はまずないのではないか。新型コロナウイルスで緊急事態宣言が出ていた最中には、こんな声が飛び交っていた。

「ちょっとした贅沢をしたくて」

「家に籠もっているので、ちょっとした贅沢をしたくて成城石井で買ってみた」

この声を裏付けるように、コロナ発生後も成城石井の業績は好調だ。しかも驚くべきは、客単価が大きく上がっていることである。既存店前年比で4月は138.9%、5月は138.8%、6月は120.4%。さすがに客数は減っているが、買う金額は上がっているのである。

なぜ、これほどまでに成城石井は支持されているのか。その答えの1つは、間違いなく品ぞろえが、まるでほかのスーパーとは違うから、だろう。

約30人のバイヤー、約20人の惣菜・スイーツ開発担当者を代表して、総勢11人に話を聞いた拙著『成城石井 世界の果てまで、買い付けに。』にも詳しく書いたが、成城石井のお店に入って、じっくり眺めてみると、すぐにわかる。ほかのスーパーにはまず置いていないものがたくさん置かれているのだ。しかも、ラインナップがカテゴリーごとにハンパない。

例えば、チーズにしても、ウォッシュチーズ、白カビチーズ、フレッシュチーズ、ハードチーズなど、世界のチーズが入っている。紅茶の棚には天井近いところから下のほうまで、これでもかというほどに国内外の逸品が並んでいる。ジャム、醤油、だしなども同様だ。

ほかでは置いていない商品が幅広く大量に並んでいる(撮影:今井 康一、成城店で2019年3月撮影)

野菜や果物の売り場が違うのは、大部分が生産者から直接仕入れる産地直送だからかもしれない。国内でとれたばかりの瑞々しい野菜に加えて、アスパラなど海外から空輸されてきた旬のものもある。

足を延ばして豆腐、納豆、キムチなどの売り場に行ってみると、さりげなく成城石井の名前が入っていたりする。「オリジナル商品」と呼ばれている、成城石井が信頼できるメーカーと共同で作った、一般的にプライベートブランドと呼ばれる商品だ。

お菓子のコーナーに目をやると、明らかに海外製とわかるものが目に入る。直輸入品だが、ほかの店にはない。例えば、チョコレートなどはまとまった数を大量に購入して、日本用の商品にして販売しているからだ。

次ページ実は和菓子もラインナップが豊富
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT