「パインアメ」圧倒的に愛され続ける定番の裏側

原点忘れず常に変化を遂げ国民的商品に育った

このときの失敗を毎日、日誌や日報に書いて記録していたのですが、これを全部データ化しました。困ったことや悔しかったことなど、客観的なものから主観的な「悔しい、悔しい、悔しい……」という感情まで、すべてが書かれています。最後のほうは、「ありがとう、ありがとう、ありがとう……」が100回続いています。

品質問題は失敗といえば失敗でしたがそこから得られたものが非常に大きな糧となりました。

意外なコラボ商品も。NHK「ルソンの壺」は関西の“キラリと光る”企業や団体を取材し、ビジネス成功の秘訣を伝える番組。最新回は8月23日(日)、NHK総合の関西地域で7時45分~8時25分放送です(写真:NHK大阪拠点放送局)

“アメ”を通して世の中に必要とされる嗜好品を目指す

三神:パインアメの企業理念は?

上田:“おいしさ・安心・安全”などを通して、いかに社会貢献するかということが、企業の大事なテーマです。社内のトップから現場で働く社員に至るまで、“金太郎あめ”のように同じ発想を持っていなければいけない。

「企業の社会性」を考えたとき、企業理念が「本当に世の中で必要とされているかどうか」。良い会社にならなければ企業が永続できません。そのために、毎年時代の変化に応じて“何か”を変えていくことが大事だと思います。

三神:“アメ”を通して世の中に、より何ができるかということを徹底的に考えていくということですね。

上田:はい。“アメ”というのは、実はとても大事な平和産業です。コロナのときでも、お菓子を食べればにっこりと笑顔になれます。もっと世の中に必要とされる嗜好品を目指すべきだと思っています。

三神:「アメちゃん」と大阪の人は言いますが、「アメちゃん」があるだけで人を気遣える1つのツールになりますね。「ちょっと喉しんどい? 風邪気味じゃない?」とか、「ちょっと元気ないからアメちゃん食べたら元気になるよ」というような、人を元気にする食べ物ですよね。

パインアメのTwitter公式アカウント(上)と広報担当のマッキーさん(写真:NHK大阪拠点放送局)

上田:私もかばんの中に、アメの袋を皆さんに配るために常備しています。自社商品だけでなく、新しい商品を全部買い込んでつねに入れ替えています。

三神:アメはいただくのに気兼ねがないですしね。

上田:高いものを頂戴すると、お返しをどうしようかと考えてしまいますが、アメはいただいても余分な気遣いが要りません。恐らくこういうものが、未来永劫続く商品のあるべき姿だと思います。

(構成:二宮 未央/ライター、コラムニスト)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT