「パインアメ」圧倒的に愛され続ける定番の裏側

原点忘れず常に変化を遂げ国民的商品に育った

狩野:大きさのほかに変わったのは?

上田:味、色、形等も変化していきましたが、特に覚えているのは“色”です。合成着色料のほうが色はよく出ますが、体に悪いものは一切使いたくないというスタンスがあります。最も安全な天然着色料の黄色に落ち着きました。

三神:“定番”というものは変えてはいけない部分がありながら、飽きられてもいけない。矛盾していますが、どのようにバランスを取られてきましたか。

上田:スーパーやデパ地下、コンビニなどに自ら出向き、世の中の変化を敏感に感じながら、どこの部分を変えるかを常に考え、変化は絶対にわからないレベルで、少しずつ変えています。アメは必需品ではなく嗜好品です。必ず要るものではないので、大きく変わるとリスクは大きすぎます。ゼロか100になる確率が高いので、わからないように手加減しています。

三神:お菓子業界の時代の流れでは、“ジャンボパック”という形で、量で勝負する時代を経て、テクノロジーを駆使して装飾的で凝った作りや歯応えなどで勝負する競争もありました。その後、甘いものを食べることの罪悪感から、ダイエットで甘いものを控えたいと考える消費者も出てきました。この中で、いつ、どのタイミングで何を変えるかを、どのように決めているのでしょうか。

変わらないことは良いことではない。

上田:消費者と密接している得意先の小売業から、お客様の声を聞いて変えています。例えばカロリーの問題では、味を維持させながらどこまでカロリーを抑えていけば良いのかという課題から、新しい問題が立てられます。また、“たくさん入っていれば良い”、という問題ではなく、「食べ頃適量サイズ」というものもあります。できるだけ早く召し上がっていただけるような大きさに、今も進化し続けています。

パインアメの製造工程の一コマ。NHK「ルソンの壺」は関西の“キラリと光る”企業や団体を取材し、ビジネス成功の秘訣を伝える番組。最新回は8月23日(日)、NHK総合の関西地域で7時45分~8時25分放送です(写真:NHK大阪拠点放送局)

お客様がその時代でどのように変わっていくか。諸行無常なので、“ずっと同じ”ということはありえません。そのため「お客様のどこが変わっているか」ということに早く気づくことが大切です。

三神:お客様よりちょっと早く時代の変化に気づかなければいけませんよね。そして、売れているのに変えることも大切。手応えは、毎回感じるものですか。

上田:失敗もありますが、変えないと駄目です。変わらないことは良いことではないのです。常に適切に変わることが良いことだと考えます。売り上げの数字も大事ですし、どこでどんな売れ方をしたのか、その数字の質がどう変わったかということをヒアリングすることで、次のステップに生かされます。

次ページコンビニで“アメ業界”が生き抜く戦略
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT