アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

「さあ、才能に目覚めよう」が3週連続で1位に

お盆に読まれたビジネス書はどんな本だったのでしょうか(画像:kou / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、8月9日~15日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

お盆に読まれたビジネス書は?

今週(8月9日~15日)のランキングでは、前週も1位だった『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)が3週連続で1位に輝いた。引き続き、毎日安定して注文が集まっているという。

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位は、前週61位の『「知っているかいないか」で大きな差がつく! 人生逃げ切り戦略』(やまもとりゅうけん著、KADOKAWA)がランクインした。アマゾンによると、特定カスタマーによるまとめ買いが影響しているという。

3位は、前週4位だった『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP)がランクインした。安定して注文が集まっているという。

前週160位から23位に急上昇したのが、『BCG 次の10年で勝つ経営 企業のパーパス(存在意義)に立ち還る』(ボストンコンサルティンググループ著、日本経済新聞出版)だった。『日本経済新聞』に広告が掲載されたことが影響した模様だ。

次ページ以降、198位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1~48位!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT