中国のEVスタートアップが米国で株式公開へ

「小鵬汽車」の第2位株主はアリババグループ

新興EVメーカーの小鵬汽車にはアリババグループが出資している。写真は同社のSUV「G3」(小鵬汽車のウェブサイトより)

中国の新興EV(電気自動車)メーカーの小鵬汽車が、アメリカの株式市場でIPO(新規株式公開)を計画していることが明らかになった。同社は8月7日、アメリカ証券取引委員会(SEC)にIPOの目論見書を提出。上場先はニューヨーク証券取引所を予定するが、資金調達の総額やADS(アメリカ預託株式)の売り出し数はまだ確定していない。

小鵬汽車は2014年に創業し、現在までにSUVの「G3」とセダンの「P7」の2車種を発売した。目論見書によれば、同社の2020年7月末までの累計販売台数はG3が1万8741台、P7が1966台。2018年から2020年6月末までの累計売上高は約30億9000万元(約470億円)となっている。2021年には3車種目の新車を投入する計画だ。

IPOが実現すれば、小鵬汽車はアメリカで上場した中国の3社目のEVスタートアップ企業となる。1社目の蔚来汽車は2018年9月にニューヨーク証券取引所に、2社目の理想汽車は2020年7月にナスダックにそれぞれ上場した。8月上旬時点の時価総額は蔚来汽車が約158億ドル(約1兆6700億円)、理想汽車が142億ドル(約1兆5000億円)に達している。

ネット業界の巨人がEVスタートアップを支援

蔚来汽車、理想汽車、小鵬汽車の3社に共通するのは、いずれも中国インターネット業界の“巨人”のバックアップを受けていることだ。具体的には騰訊(テンセント)が蔚来汽車に、美団点評が理想汽車に、阿里巴巴(アリババ)が小鵬汽車にそれぞれ出資している。

小鵬汽車の目論見書によれば、同社の筆頭株主は創業トップの何小鵬氏で発行済株式の31.6%を保有、何氏を含む経営陣が合計40.9%を保有している。第2位株主はアリババグループの淘宝(タオバオ)で14.4%を出資、第3位はアメリカ系投資会社のIDGキャピタルで6.2%を出資する。

本記事は「財新」の提供記事です

強力な後ろ盾があるとはいえ、EVスタートアップ3社の経営はそろって赤字だ。小鵬汽車も例外ではない。目論見書によれば2019年通期の純損失は46億4000万元(約707億円)、2020年1~6月期の純損失は20億9000万元(約318億円)に上った。

(財新記者:鄭麗純)
※原文の配信は8月8日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT