PCRをよくわかってない人に知ってほしい基本

新型コロナの検査になぜ使われているのか

その問題を解決したのが極限環境微生物です。

「高温の環境を好む微生物には、熱に強いDNA合成酵素が含まれているはずだ」

PCRの開発者キャリー・マリスはそう考えました。

すでに、アメリカ・イエローストーン国立公園の温泉で、高熱を好む細菌が見つかっていました。マリスはこの細菌に目をつけ、DNA合成酵素を抽出し実験をしました。

結果は大成功でした。あまりに簡単な方法であるため、発明当初はなかなか理解されませんでしたが、ほどなくしてそのすごさが認められ、生物学の研究に「革命」をもたらしたのです。マリスはこの功績によって、1993年にノーベル化学賞を受賞しました。

PCR法による感染症検査

今日では、感染症の検査にもPCR法が使われています。世界各地で猛威を振るっている新型コロナウイルスの検査では、PCR法を応用したリアルタイムRT・PCRという方法が使われています。

ウイルスには、遺伝子としてDNAをもつものと、RNAをもつものがいます。コロナウイルスはRNAをもつウイルスなので、通常のPCR法では遺伝子を増幅することができません。そのため、RNAの遺伝子情報をいったんDNAに写し取る必要があるのです。これを逆転写反応(RT)といいます。

また、「リアルタイム」というのは文字どおり、遺伝子を増やしながら同時にその情報を読み取るということです。患者から採取した検体に病原体の遺伝情報が含まれているかどうかを、増幅しながら解析しているわけです。

このような方法を医師による診察と組み合わせて行うことで、その感染症がどんな病原体によって引き起こされたのかが極めてスムーズかつ正確にわかるようになっているのです。

次ページPCRが導く微生物研究の新たなステージ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT