アウディ「Q3」をあえて選ぶ理由が乏しい理由

革新性を感じられないアウディに未来はあるか

価格は「Q3」が438万円~、「Q3スポーツバック」が452万円~(写真:アウディ)

ドイツのアウディが、小型SUVに位置づけられる「Q3」をフルモデルチェンジし、同時にクーペスタイルの派生モデルである「Q3スポーツバック」を発売した。

競合となるのは、同じグループ内のフォルクスワーゲン「ティグアン」「T-Roc」、メルセデス・ベンツ「GLA」、BMW「X1」「X2」だ。スウェーデンのボルボ「XC40」や、フランスのプジョー「3008」も加わるだろう。メルセデス・ベンツの「GLB」やBMWの「X3」は、より大柄な車体となる。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

国産車ではトヨタ「C-HR」、ホンダ「ヴェゼル」、日産「キックス」、マツダ「CX-30」などが同じようなボディサイズを持つが、価格は100万円以上の開きがある。それでも競合は非常に多いと言え、小型SUVが世界的にいかに人気を集めているかを思わせる。

ライバルとの差があまりない

Q3/Q3スポーツバックのエンジンは、直列4気筒で排気量が1.5リッターのガソリンターボと2.0リッターのディーゼルターボの2種類があり、どちらも最高出力は150馬力と同一だ。ただし、最大トルクはディーゼルのほうが約1.4倍も大きい。また、ガソリン車はFFだが、ディーゼル車はアウディが「クワトロ」と呼ぶ4輪駆動となる。

では、ライバルたちと比べて、秀でている面は何であろうか。そう考えたとき、明らかにほかと違う面があまり見えてこないというのが、正直なところだ。

新登場の「Q3スポーツバック」。ルーフラインが異なるクーペスタイルだ(写真:アウディ)

ディーゼルエンジンをラインナップしているのは、ほかのドイツ勢と同じであるし、ボルボは、すでに国内で小型モデルのディーゼル仕様の販売をやめており、XC40は今年からプラグインハイブリッド車(PHEV)が、来年には電気自動車(EV)が導入される予定だ。

アウディも、2015年に「A3スポーツバック」に「e-tron(イートロン)」と呼ばれるPHEVを日本に導入した経緯があり、その価格は564万円であった。今回のQ3やQ3スポーツバックのディーゼル車の価格帯である約510万~560万円と大きな差がなく、導入していればアウディの小型SUVを選ぶ理由の1つとなったかもしれない。

国産車は、C-HRもヴェゼルもハイブリッド車(HV)があり、キックスは「e-POWER」と呼ばれるシリーズハイブリッドのみを搭載するが、ハイブリッド車の支持が高い日本では、それが小型SUV人気の追い風にもなっているのだ。

次ページ企業メッセージは「技術による先進」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT